アナウンサーの仕事内容

アナウンサーの仕事とは

 

アナウンサーとは、「自分の声を使って不特定多数の人に情報を伝える」プロフェッショナルです。

テレビ局やラジオ局の社員として勤務する人と、フリーで活動する人の二通りに分かれ、情報番組からバラエティ番組の進行役、スポーツの実況、イベントの司会などで幅広く活躍しています。

アナウンサーになるために特別な資格は必要ありませんが、テレビ局・ラジオ局に入るには、就職試験に合格して採用される必要があります。

アナウンサーは非常に人気がある職業で、キー局では1000倍を超える高倍率になることで知られています。

年収は新卒で350万円程度、30代になると1000万円を超えることもありますが、「人から見られる」というプレッシャーと不規則な生活に耐える覚悟が必要です。

大きなやりがいがある分、タフな体力、精神力が求められる職業なのです。

アナウンサーの業務の内容

原稿を読む

アナウンサーは、世の中にあふれるさまざまな情報について「言葉」を使い、人々にわかりやすく伝える職業です。

ニュース番組などの場合は、あらかじめ用意された原稿を正確に読むことが基本的な仕事内容となります。

ただし、ただ書かれた文字を棒読みで追っているだけでは、視聴者に内容をわかりやすく伝えることができません。

書かれている原稿の中で「どの部分がもっとも大切な情報なのか?」「どのように抑揚をつけるべきか?」など、内容を自分の中できちんと消化した上で読む必要があります。

まさに言葉を操るプロフェッショナルといってもよいでしょう。

取材をする

報道番組や情報番組でリポーターとして出演しているアナウンサーの場合は、自ら番組の企画に関わることがあります。

リポーターとして仕事をするうえで重要なのは取材です。

取材相手と電話をしたりメールでやり取りをしたりしながら情報収集をすることもありますし、ときには現場に足を運んで生の声を聞くこともあります。

最近ではSNSの中から世間の声を集める取材方法を取ることもあり、情報を収集して整理する能力が必要とされます。

番組を進行をする

ベテランのアナウンサーになれば、視聴者に情報を伝えつつ、自ら番組を進行する「キャスター」をすることもあります。

また、バラエティ番組などの司会を務める場合には、出演者の発言内容を整理したり進行状況に応じて時間調整を行ったりと、番組を滞りなく進めるための工夫が求められます。

アナウンサーの役割

正確な情報を伝える

アナウンサーは情報番組、バラエティ、天気予報などさまざまな番組に出演しますが、いずれの場合も最も重要になるのは、テレビやラジオ番組などの視聴者に対して「情報を正確に伝えること」です。

「情報」というのは事件・事故の最新の状況のこともあれば、政府の方針、スポーツの試合の結果、芸術家の活動内容、各地方都市の取り組み…などさまざまです。

このような情報を正確にわかりやすく伝えるためには、アナウンスに必要な発声技術や表現力を高めるのはもちろん、幅広い知識を持っていることが大切です。

番組の雰囲気を作る

アナウンサーは番組の雰囲気を作るという大切な役割も果たしています。

共演者であるタレントの意見をまとめたり、コメントしやすいような「振り」を入れたりすることで、番組をスムーズに進行するのです。

そのために、台本にはない「間」や「場の雰囲気」を読んだりして、共演者やスタッフに「一緒に仕事がしやすいアナウンサー」と思ってもらえると、信頼を勝ち取ることができるでしょう。

アナウンサーの勤務先の種類

アナウンサーの勤務先として一般的なのは、テレビ局あるいはラジオ局となります。

テレビ局は日本全国にかなりの数がありますが、そのうち代表的なのが「キー局」といわれる存在です。

キー局とは日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの5社を指し、それに日本放送協会(NHK)を加えた各局は、アナウンサーや制作スタッフの人員が多く、アナウンサー志望者もかなりの数にのぼります。

そのほか、「準キー局」といわれる讀賣テレビ放送、朝日放送、毎日放送、関西テレビ放送もそれなりの規模であるほか、各都道府県に存在する「地方局(ローカル局)」もあります。

この他に、芸能事務所やプロダクションに所属してフリーランスのアナウンサーとして働くという道もあります。

アナウンサーの勤務先と仕事内容の違い

アナウンサーの仕事の流れ

ニュース番組を担当しているアナウンサーの仕事の流れを紹介します。

まず、放送局に出勤したらすぐにその日のニュースの内容や順番を確認し、原稿を受け取ります。

それから原稿の下読みをして、スピードを調整しながら尺通りに収めることができるかどうかを確認したり、読み間違えやすい漢字をチェックしたり、イントネーションがわからない単語を調べたりします。

放送前には早めにスタジオに入り、カメラ位置や音声チェックなどの簡単なリハーサルを行うこともあります。

その後、本番を終えたあとに反省会を行い終了です。

ただし、これはあくまでも基本的な流れにすぎません。

生放送である以上は突発的なニュースが入って臨機応変に対応しなければいけないことも多々あるのです。

放送中に事件や事故などの速報が入ったときにはいち早く伝える必要がありますし、地震や津波などの災害に伴う注意報や警報が出た場合は速やかに視聴者に注意喚起を行うのも大事な使命です。

アナウンサーと関連した職業

 

アナウンサーに関連した職業として「キャスター」や「リポーター」「ナレーター」などがあります。

キャスターというのはニュースキャスターの略語であり、報道番組や情報番組の司会進行役を務める人のことです。

アナウンサーと同様にニュースを報じますが、そこに解説や論評を加えるため、ジャーナリストとしての要素が強いといえます。

番組によってはアナウンサーがキャスターをやることもありますが、近年では芸能人研究者などの知名度が高い人が抜擢されるケースも多いようです。

「リポーター」というのは現地で取材を行ったうえで自分の言葉でリポートを行う人のことです。

こちらもアナウンサーが行うこともあれば、タレントや専門家が担当することもあります。

番組のVTR部分でナレーションを入れる「ナレーター」の仕事も同様に、アナウンサーが行うこともあれば俳優声優が行うこともあります。

ニュースキャスターの仕事

リポーターの仕事

ナレーターの仕事