【2022年版】アナウンサーの給料・年収は安い?・キー局と地方局の初任給やボーナスは?

アナウンサーは、テレビ番組の顔としてはなやかに取り上げられたり、日常よく目にしたりする仕事であることから、学生からも人気を集める職業の一つです。

アナウンサーは、勤務先の規模や働き方により年収が大きく変わり、実力次第では1000万円を超えることも夢ではありません。

ここでは、アナウンサーの年収について、さまざまな視点から解説します。

アナウンサーの平均年収・給料の統計データ

キー局アナウンサーか地方局アナウンサーかで差がある

アナウンサーは厚生労働省の職種分類によると「他に分類されない専門的職業従事者」となっており、アナウンサーのみの明確な統計データはありません。

一般的に、テレビ業界は他の業界と比べると給料が高めという印象が強いですが、キー局や地方局かによって、収入には差があります。

フジテレビやテレビ朝日などのキー局勤務のアナウンサーであれば、30代で1000万円を超えることも少なくないようです。

一方、地方局の場合は、年収500万円〜1000万円が相場だといわれています。

アナウンサーの仕事は“人気商売”としての要素もあるので、視聴者から人気が出れば、視聴率がとれる時間帯の番組の「顔」として引っ張りだこになっていきます。

それに応じてキャリアアップしたり給料が上がったりすることもあります。

アナウンサーの平均年収・月収・ボーナス

アナウンサーの平均年収・月収・ボーナス
さまざまな求人サービスの情報を見ると、アナウンサーの年収には300~900万と幅があります。

これは、テレビ局の規模や雇用形態、キャリアによって、アナウンサーの収入が大きく変わるためだと考えられます。

また、20代、30代、40代と年収がアップしていく傾向がありますが、これはあくまでも昇給のシステムがあるテレビ局に正規雇用されているアナウンサーか、自分で実力をつけて仕事の単価を上げ続けているフリーアナウンサーの場合です。

アナウンサーは人気商売でもあるので、人によっては年齢を重ねるうちに仕事が減ってしまい、収入が下がってしまう人もいます。

アナウンサーの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

こうした情報からみると、アナウンサーの手取りの月収は、20万~80万円ほどとなるでしょう。

テレビ局に勤めている場合、年に2回はボーナスが出るのが一般的なので、毎月の手取りの金額がそれほど高くなくてもボーナスによって年収が高くなるケースが多いようです。

また、残業代も支払われるので、各方面から引っ張りだこで忙しいアナウンサーほど必然的に収入もアップしていくことになります。

深夜や早朝の勤務では手当てもつきます。

アナウンサーの初任給はどれくらい?

アナウンサーの新卒の初任給は23万円〜25万円程度、年収は350万円程度が相場となっています。

キー局が最も高いといわれており、TBSの2022年の募集要項を見ると、初任給は275,054円(2022年4月実績・34時間分の固定残業手当64,054円を含む)です。

基本の月給は21万円ほどとなっていますので、残業代によって給料が高くなっていることがわかります。

新卒の初任給としては十分な金額といえるでしょう。

なお、FBS福岡放送の場合、アナウンサー職、一般職、技術職ともに大卒では月給227,900円、大学院卒では月給233,900円(別途、住宅手当23,500円、生涯設計手当10,000円)となっています。

やはりキー局の方が初任給は若干高いことがわかります。

2023年度採用【アナウンサー職】・後期採用【一般職】
FBS福岡放送 新卒採用 募集要項

アナウンサーの福利厚生の特徴は?

アナウンサーの福利厚生は、勤め先や雇用形態によって大きな差があります。

一般的には、福利厚生が最も充実しているのは、テレビ局に正規雇用されているアナウンサーです。

テレビ局はどこも大手企業なので、休日休暇や福利厚生がしっかりと整えられているところが多く、さまざまな施策や制度を利用することができます。

たとえばTBSテレビの2020年時点での募集要項を見ると、賞与が年に4回あります。

週休2日制で、祝日、年末年始、産前・産後・看護・介護・慶弔・有給(初年度11日)休暇があり、また通勤費は100キロメートルまで全額支給となっています。

日本テレビでは「日テレジョイセレクト」という独自のクレジットポイントを付与し、自己啓発やリフレッシュなどに利用できる仕組みが整えられています。

他のテレビ局(キー局、地方局)でも、ほぼ同程度の待遇となっているようです。

日テレ採用サイト 日テレの福利厚生

アナウンサーの給料・年収の特徴

局員は安定の傾向

テレビ局に正規雇用されているアナウンサーの収入は非常に安定しています。

アナウンサーの勤務先としては、いわゆる「キー局」、地方局、近年ではCS放送局やインターネット放送局などもありますが、給料・年収はそれぞれ大きく異なります。

アナウンサーも会社員という立場である以上、企業のルールに則った給与体系になるため、基本的には年功序列です。

他のアナウンサーよりもずば抜けて人気があるアナウンサーでも、特別に高給になるわけではありません。

しかし、そのぶん毎月ある程度の収入が確実に支払われますし、将来的には管理職のポストを目指すことも可能です。

安定した収入が欲しいのであれば、まずはテレビ局のアナウンサーを目指すのがよいでしょう。

早朝や深夜の手当て

アナウンサーの仕事は、時間帯が不規則になりがちです。

とくに報道に携わっているアナウンサーの場合、早朝や深夜に放送するニュース番組に出演するため、早朝や深夜に出勤することもあります。

こうした生活は、一般的に働いている人とは生活リズムがまったく異なるため、苦労することも多いです。

また大きな事件や事故が起きた際には、早朝深夜にも関わらず急にテレビ局に呼び出されたり、テレビ局に泊まり込みで仕事をすることも珍しくありません。

このようにハードな仕事ではありますが、そのたびに深夜手当や早朝手当がつくため、年収全体としては大きくアップします。

衣装は自腹のことも

アナウンサーになると、ニュースを読むためのスーツやジャケットなどの服装に気を配らなければいけません。

この衣装を局のスタイリストが手配するか、自力で用意するかについては、勤め先や雇用形態によって異なります。

基本的に、キー局や地方局などでは局内の衣装部やスタイリスト(コーディネーター)が用意することになっており、その日報道する内容や他の出演者との兼ね合いなどを見ながら衣装を考えられているようです。

一方で、フリーのアナウンサーの場合は私服でテレビに出演しなくてはならないことが多く、衣装代も支給されないことが大半です。

衣装が自腹になる場合は、着回しを考えるなどできるだけ費用を抑えられるように努力することが大切です。

男女の違いはある?

テレビ局など、企業に所属して働く場合、男性・女性で年収に違いはほぼありません。

一般的な職業の場合、男性の方が年収が高くなる傾向にありますが、男性・女性に関わらず同様に働くことができるため、年収に大きな差が出るとは考えられません。

ただし、フリーランスのアナウンサーの場合は、女性の方が仕事が多く、年収が高くなる場合もあります。

とくに女性アナウンサーは「女子アナ」として人気を集めており、華やかな印象や見た目などから仕事も多くなりやすいです。

タレントやモデルとして活躍する人も多いため、男性アナウンサーに劣らない、または男性アナウンサー以上の年収を得ている人も多いです。

アナウンサーの勤務先別の給料・年収

キー局のアナウンサー

民放のキー局に勤めるアナウンサーの場合、20代のうちに年収500万円は突破します。

さらに30代、40代とキャリアを重ねることで、年収1000万円を突破することができるでしょう。

昔に比べるとテレビの視聴率が下降しているため苦戦しているテレビ局が多いですが、それでも一般的なサラリーマンに比べるとまだまだ高給なのがテレビ業界です。

一方で、キー局に努めるアナウンサーは、テレビに出演する以外にも多くの仕事を抱えています。

テレビ局社員としての業務だけでなく、人気が出れば昼夜問わず仕事が舞い込みますし、ゴシップを狙う週刊誌などに追われることもあります。

仕事量やプレッシャーが割に合わないと考え、フリーランスになる人も非常に多いです。

地方局のアナウンサー

地方局に勤めるアナウンサーの場合、年収は300~400万円からスタートすることが多いようです。

キャリアを重ねるうちに年収500万円以上になりますし、その都市の企業のなかでは高給になるのが一般的です。

地方局で実力をつけてから、キー局やNHKの中途採用にチャレンジする人もいます。

狭き門ではありますが、採用されるとさらなる収入アップが期待できます。

事務所・プロダクションに所属するアナウンサー

テレビ局や放送局以外にも、アナウンサーが集まる事務所やプロダクション、また芸能系の事務所でアナウンサーとして活躍する人もいます。

この場合の年収は、アナウンサーとしての知名度や実力、仕事の内容によって大きな差があります。

事務所やプロダクションに所属する場合は、基本的に固定給ではなく、仕事をした分だけ給料が支払われる歩合制です。

局アナから転向したアナウンサーなど、人気や知名度があれば年収にして1億円以上を稼ぐこともできる一方で、仕事が無ければ収入もゼロになってしまいます。

アナウンサーが所属するテレビ局の年収は?

会社名 平均年収 平均年齢
(株)フジ・メディア・ホールディングス 1167万円 46.5歳
(株)テレビ朝日ホールディングス 1387万円 42.7歳
TBSホールディングス 1586万円 51.0歳
日本テレビホールディングス(株) 1372万円 48.8歳

出典:2020年現在(各社有価証券報告書より)

フジテレビの平均年収

フジテレビの平均年収は46.5歳で1167万円です。

フジテレビはこれまでに月9ドラマをはじめとした革新的な番組を多く生み出し、とくに高視聴率のバラエティ番組を数多くつくっています。

全体として若い世代から支持を集めているテレビ局です。

テレビ朝日の平均年収

テレビ朝日の平均年収は42.7歳で1387万円です。

「報道ステーション」をはじめとした情報・ワイドショーに定評があり、近年ではスポーツ中継に力を入れています。

また映画の宣伝力が高く、数々のヒット映画を数多く輩出しています。

TBSの平均年収

TBSの平均年収は51歳で1586万円です。

ほかの民法に比べると報道に力を入れていることがTBSの大きな特徴で、地域のニュースを報道することも多く、地方局や海外の支局との連携に力をいれています。

日本テレビの平均年収

日本テレビの平均年収は48.8歳で1372万円です。

民放第1号として長い歴史を誇っているのが特徴であり、キユーピー3分クッキングや笑点、火曜サスペンス劇場、チャリティー番組「24時間テレビ」など、長寿番組が多くつくられています。

アナウンサーの正社員以外の給料・年収

契約社員のアナウンサー

アナウンサーとして働いている人の中には、契約社員としてテレビに出演している人もいます。

ニュース番組のキャスターや情報番組のリポーターなどです。

契約社員の場合は年俸制になっており、出演時間やキャリアに応じて金額が決まります。

自分の希望するテレビ局で仕事ができますし、業界内で経験を積む絶好の機会となるでしょう。

しかし期限がくれば契約が終了することになるので、雇用としては不安定です。

在職中から次の勤め先をしっかりリサーチしておくことが大切です。

フリーランスのアナウンサー

テレビ局で実績を積んだアナウンサーのなかには、テレビ局を退社してフリーランスになる人も少なくありません。

基本的にフリーになるアナウンサーは知名度が高く人気があるため、テレビ局にいた時代よりも年収が上がるケースがほとんどです。

局で働くアナウンサーの年収は、高くても2000万円程度です。

それに対して、フリーのベテランアナウンサーともなれば、1億円以上を稼ぐ人もいるといわれています。

一方で、テレビ局などで経験を積まずに、いきなりフリーで活動するアナウンサーも少なくないため、フリーアナウンサーの年収の幅は非常に大きいといえます。

アナウンサーの働き方の種類・雇用形態

アナウンサーの年収が安いともいわれる理由

アナウンサーの年収は安いとも言われることがあります。

これは、その業務量や仕事にかかるプレッシャーと年収を比べると、安いと考える人も少なくないからでしょう。

アナウンサーは早朝深夜問わずに働かなくてはなりませんし、常に人目にさらされる仕事であるというプレッシャーを抱えながら生活しなくてはなりません。

また、基本的には仕事を選ぶことはできないため、自分の希望とは違ったとしても、局から指定された仕事をこなさなくてはなりません。

タレントやモデルなど芸能人と同じような働き方であるにもかかわらず、身分は会社員であるため、いくら人気が出たとしても莫大な給料がもらえるわけではないのです。

そのため、さらに年収をアップさせたいと思う場合、テレビ局を退社してフリーランスになるという選択になりがちです。

アナウンサーとキャスターの年収の違いは?

アナウンサーとキャスターでは、役割が異なります。

アナウンサーは、主にテレビ局に勤務し、原稿を読んでさまざまな情報を正確に伝える仕事です。

キャスターは、原稿を伝えるだけでなく、自分なりの考えを発信したり、ときには自ら取材をしたりするなどジャーナリストしての仕事も兼ねています。

キャスターは、必ずしもテレビ局に勤務しているわけではありませんが、番組によってはアナウンサーがキャスターの役割を担当する場合もあります。

キャスターのみの年収に関する詳細なデータはありませんが、基本的にはアナウンサーの方が年収が高いといわれています。

アナウンサーは年収1000万円を目指せる?

アナウンサーは年収1000万円を目指せる仕事です。

特にキー局で経験を重ねていくと、年収1000万円を超えることは珍しくなく、最終的には1200~1500万円ほどになる人も少なくないようです。

また、フリーアナウンサーになると人気や知名度によって年収が大きくアップします。

2000万円以上を得ている人もいますし、ベテランアナウンサーの中には1億円を超えると言われる人もいます。

アナウンサーが収入を上げるためには?

会社で経験を積み昇進を目指す

アナウンサーもテレビ局の一社員であるため、勤続していると年功序列で給料はアップしていきます。

一般の会社と同じように、アナウンサーにも役職があります。

基本的には「アナウンス部」に配属され、課長、部長など経験を積んで出世していくと、ぐんと上がります。

チーフアナウンサーやエグゼクティブアナウンサーなど、各局によって役職の階級や名称は違いますが、実力をつけていくことで確実に年収は上がっていきます。

フリーランスになる

知名度の高いアナウンサーはフリーランスになることで収入をアップさせられることがあります。

最近ではアナウンサーの仕事の幅も広がってきており、タレントのような親しみやすさと存在感で人気が出るアナウンサーが増えてきています。

フリーになれば出演だけではなく出版や講演、SNSでの情報発信など、自由に活動することができます。

とくに女性のアナウンサーは“女子アナ”という言葉があるほど、職業自体が高いステータスを表すようなイメージをもたれており、世間からの注目度も高いため、年収をアップさせられる可能性が高いです。

局員としての安定した生活を手放すことになるためリスクはありますが、自分のアナウンサーとしての実力に自信がある人はフリー転身にチャレンジしてみるとよいでしょう。

アナウンサーの給料・年収のまとめ

キー局に限らず、アナウンサーは一般的な職業にくらべると年収は高いです。

一方で、アナウンサーになるには非常に難関であり、採用人数も少ない上に毎年募集があるとは限らないため、実力だけでなく運も必要な仕事です。

アナウンサーとしての力量だけでなく、多くの人に好かれる容姿や人間性を持った人だけに、年収も高くなると考えてよいでしょう。