アナウンサーの給料・年収

アナウンサーの平均年収・給料の統計データ

キー局や地方局かで差がある

テレビ業界は全般的に給料が高めという印象が強いですが、キー局や地方局かによって収入には差があります。

フジテレビやテレビ朝日などのキー局勤務のアナウンサーであれば、30代で1000万円を超えることも少なくないようです。

一方、地方局の場合は、年収500万円〜1000万円が相場だといわれています。

アナウンサーの仕事は“人気商売”的な要素もあるので、視聴者から人気が出れば、視聴率がとれる時間帯の番組の「顔」として引っ張りだこになっていきます。

それに応じてキャリアアップしたり給料が上がったりすることもあります。

アナウンサーの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
アナウンサー
(転職ステーション)
401万円 -
アナウンサー
(転職会議)
328万円 20代の年収: 327 万円
30代の年収: 380 万円
アナウンサー
(給料バンク)
682~901万円 20代の月給:35万円
30代の月給:55万円
40代の月給:80万円

アナウンサーの平均年収に関しては、求人サービスのサイトによって300~900万と幅があります。

これは、テレビ局の規模や雇用形態、キャリアによって、アナウンサーの収入が大きく変わるためだと考えられます。

また、転職会議や給料バンクの統計によると、20代、30代、40代と年収がアップしていく傾向があります。

しかし、これはあくまでも昇給のシステムがあるテレビ局に正規雇用されているアナウンサーか、自分で実力をつけて仕事の単価を上げ続けているフリーアナウンサーの場合です。

アナウンサーは人気商売でもあるので、人によっては年齢を重ねるうちに仕事が減ってしまい、収入が下がってしまう人もいます。

アナウンサーの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

アナウンサーの手取りの月収は、20万~80万円ほどです。

テレビ局に勤めている場合、年に2回はボーナスが出るのが一般的なので、毎月の手取りの金額がそれほど高くなくてもボーナスによって年収が高くなるケースが多いようです。

また、残業代も支払われるので、各方面から引っ張りだこで忙しいアナウンサーほど必然的に収入もアップしていくことになります。

深夜や早朝の勤務では手当てもつきます。

アナウンサーの初任給はどれくらい?

アナウンサーの新卒の初任給は23万円〜25万円程度、年収は350万円程度が相場となっています。

キー局が最も高いといわれており、TBSの2020年の募集要項を見ると、初任給は265,929円(2019年4月実績・34時間分の固定残業手当61929円を含む)です。

基本の月給は204,000円となっていますので、残業代によって給料が高くなっていることがわかります。

初任給としては十分な金額といえるでしょう。

アナウンサーの福利厚生の特徴は?

アナウンサーの福利厚生は、勤め先や雇用形態によって大きな差があります。

一般的には、福利厚生が最も充実しているのは、テレビ局に正規雇用されているアナウンサーです。

テレビ局はどこも大手企業なので、休日休暇や福利厚生がきちんとしているところが多いのです。

たとえばTBSテレビの2020年時点での募集要項を見ると、賞与が年に4回。

週休2日制で、産前・産後・看護・介護・慶弔・有給(初年度11日)休暇があります。

他のテレビ局(キー局、地方局)でも、ほぼ同程度の待遇となっているようです。

アナウンサーの給料・年収の特徴

局員は安定の傾向

テレビ局に正規雇用されているアナウンサーの収入は非常に安定しています。

会社員という立場である以上、企業のルールに則った給与体系になるため、他のアナウンサーよりもずば抜けて人気があるアナウンサーでも特別に高給になるわけではありません。

しかし、そのぶん毎月ある程度の収入が確実に支払われますし、将来的には管理職のポストを目指すことも可能です。

安定した収入が欲しいのであれば、まずはテレビ局のアナウンサーを目指すのがよいでしょう。

早朝や深夜の手当て

アナウンサーの仕事は、時間帯が不規則になりがちです。

とくに報道に携わっているアナウンサーの場合、早朝や深夜に放送するニュース番組に出演するため、夜中に出勤することもあります。

こうした仕事はハードではありますが、深夜手当や早朝手当がつくため、残業代としては高くなります。

衣装は自腹のことも

アナウンサーとなると、ニュースを読むためのスーツやジャケットなどの服装に気を配らなければいけません。

この衣装を局のスタイリストが手配するか、自力で用意するかについては、勤め先や雇用形態によって異なります。

衣装が自腹になる場合はできるだけ費用を抑えられるように努力することが大切です。

アナウンサーの勤務先別の給料・年収

キー局のアナウンサー

民放のキー局に勤めるアナウンサーの場合、20代のうちに年収500万円は突破します。

さらに30代、40代とキャリアを重ねることで、年収1000万円を突破することができるでしょう。

昔に比べるとテレビの視聴率が下降しているため苦戦しているテレビ局が多いですが、それでも一般的なサラリーマンに比べるとまだまだ高給なのがテレビ業界です。

地方局のアナウンサー

地方局に勤めるアナウンサーの場合、年収は300~400万円からスタートすることが多いようです。

キャリアを重ねるうちに年収500万円以上になりますし、その都市の企業のなかでは高給になるのが一般的です。

地方局で実力をつけてから、キー局やNHKの中途採用にチャレンジする人もいます。

狭き門ではありますが、採用されるとさらなる収入アップが期待できます。

アナウンサーが所属する代表的な企業の年収

会社名 平均年収 平均年齢
(株)フジ・メディア・ホールディングス 1167万円 46.5歳
(株)テレビ朝日ホールディングス 1387万円 42.7歳
TBSホールディングス 1586万円 51.0歳
日本テレビホールディングス(株) 1372万円 48.8歳

出典:2020年現在(各社有価証券報告書より)

フジテレビの平均年収

フジテレビの平均年収は46.5歳で1167万円です。

テレビ朝日の平均年収

テレビ朝日の平均年収は42.7歳で1387万円です。

TBSの平均年収

TBSの平均年収は51歳で1586万円です。

日本テレビの平均年収

日本テレビの平均年収は48.8歳で1372万円です。

アナウンサーの正社員以外の給料・年収

契約社員

アナウンサーとして働いている人の中には、契約社員としてテレビに出演している人もいます。

ニュース番組のキャスターや情報番組のリポーターなどです。

契約社員の場合は年俸制になっており、出演時間やキャリアに応じて金額が決まります。

自分の希望するテレビ局で仕事ができますし、業界内で経験を積む絶好の機会となるでしょう。

しかし期限がくれば契約が終了することになるので、雇用としては不安定です。

在職中から次の勤め先をしっかりリサーチしておくことが大切です。

フリーランス

テレビ局で実績を積んだアナウンサーのなかには、フリーランスになる人も少なくありません。

フリーになる人は知名度が高く人気があるため、局にいた時代よりも年収が上がるケースがほとんどです。

局で働くアナウンサーの年収は、高くても2000万円程度。

それに対して、フリーのベテランアナウンサーともなれば、1億円以上を稼ぐ人もいます。

アナウンサーの働き方の種類・雇用形態

アナウンサーが収入を上げるためには?

アナウンサーはニュースや情報を正しく伝えるのが使命です。

しかし、最近では仕事の幅も広がってきており、タレントのような親しみやすさと存在感で人気が出るアナウンサーが増えてきています。

とくに女性のアナウンサーは“女子アナ”という言葉があるほど、職業自体が高いステータスを表すようなイメージをもたれており、世間からの注目度も高いのです。

こうした事情から、知名度の高いアナウンサーはフリーランスになることで収入をアップさせられることがあります。

フリーになれば出演だけではなく出版や講演、SNSでの情報発信など、自由に活動することができます。

局員としての安定した生活を手放すことになるためリスクはありますが、自分のアナウンサーとしての実力に自信がある人はフリー転身にチャレンジしてみるとよいでしょう。