アナウンサーの就職先・活躍の場

テレビ局とラジオ局

アナウンサーの就職先として一般的なのは、テレビ局あるいはラジオ局となります。

テレビ局は日本全国にかなりの数がありますが、そのうち代表的なのが「キー局」といわれる存在です。

キー局とは日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの5社を指し、それに日本放送協会(NHK)を加えた各局は、アナウンサーや制作スタッフの人員が多く、アナウンサー志望者もかなりの数にのぼります。

そのほか、「準キー局」といわれる讀賣テレビ放送、朝日放送、毎日放送、関西テレビ放送もそれなりの規模であるほか、各都道府県に存在する「地方局(ローカル局)」もあります。

地方局の場合、キー局と比べると規模がだいぶ小さいため、アナウンサーの人員も多くはありません。

キー局は通常、新卒生の定期採用を行い自社で教育を行っていくのに対し、地方局の場合は欠員が出た年のみ採用活動を行ったり、即戦力となる人材の募集をかけるといったことも多くなっています。

ただし、どうしてもアナウンサーになりたいという人は、キー局にや準キー局こだわらず、全国の地方局の募集状況をくまなく調べています。

そして年間で何十社も受験し、ようやく地方局から内定が出たということは珍しいものではありません。

活躍のチャンスは広がっている

近年では、通信衛星を利用したCS放送やインターネット配信も発達しており、アナウンサーの活躍の場は広がっているといえます。

ラジオ局も、地方FMなどを含めればその数は非常に多いですし、いくらアナウンサーが「狭き門」といわれていても、チャンスを掴み取ることは夢ではありません。

また、特定の局には属さず、フリーランスのアナウンサーとして活躍を続ける人もいます。この場合、番組制作会社や芸能事務所などと契約して、番組ごとに仕事を請け負うことになります。

1つの局にとらわれずにさまざまな番組が担当できること、また成功すれば大きな収入が望めることから、フリーランスになることを目指している局アナウンサーも大勢います。