あん摩マッサージ指圧師のつらいこと、大変なこと

一般の人にとっては、無資格者との線引きが曖昧

本来、治療目的で人の体を揉むなどすることは「医業類似行為」として、医師以外では3年以上の専門教育を受け、あん摩マッサージ師の国家資格を得なければ行うことができません。

しかし、街には大小たくさんのマッサージ店や治療院があふれており、それぞれ「ボディケア」や「ソフト整体」など、多様な名称の看板を掲げて営業しています。

実際、これらの場では無資格のスタッフも多く在籍し、施術を行っているケースも多く見受けられます。

無資格者が施術を行う店の場合、本来「マッサージ」という名称を用いることや、医療的な効果を宣伝することは禁じられています。

ですが、一般の人々にとっては有資格者と無資格者の違いがよくわからず、すべて同じ「マッサージ店」として認識されているケースも多々あります。

また、最近では若い人や女性をターゲットにした「雰囲気重視」の店も増えており、確かな技術うんぬんよりも、より「入りやすい店」に人が流れる傾向が続いています。

こういったことから、せっかく国家資格を得ているにも関わらず、あん摩マッサージ指圧師の置かれている状況は厳しい面もあります。

有資格者は開業が認められているものの、「開業しても食べていけない」と、やむなく廃業する人もいます。

法改正により、無資格者が行うリラクゼーションサービスとの線引きがより明確になれば状況は変わるかもしれませんが、しばらくは厳しい状況が続くことも考えられます。

多様な患者さんとのコミュニケーション

日々たくさんの人と出会えることは、この仕事の大きなやりがいや喜びです。

その反面、多様な患者さんと接することに難しさを感じる日もあります。

一人ひとり抱える症状や悩みはさまざまですし、中には高齢できちんと言葉が話せなかったり、緊張されていて、すぐに心を開いてくれないような方もいます。

経験を積んだあん摩マッサージ指圧師は、患者さんの身体の様子を見ることで、ある程度悪い部分を察することができます。

しかし、適切な治療を行うためには、本人から「どこが痛いのか」「何に悩んでいるのか」を聞きとること(問診)が欠かせません。

また、あん摩マッサージ指圧師は衣服の上から患者さんの身体に触れていくだけに、相手との信頼関係が重要です。

どんな患者さんに対しても上手にコミュニケーションをとるためには、ただ体力があるというだけではなく、細やかな気遣いこそが求められる仕事なのです。