バスガイドへの転職・中途採用はある?

バスガイドへの転職状況は?

観光バス会社から別の観光系の会社でバスガイドに転職する人も多いですが、中には全く異なる業種からバスガイドに転職するという人もいます。

バスガイドの仕事は基本的に特別な資格を必要とせず(添乗業務をこなすためには「旅程管理主任者」の資格が必要ですが)、また、観光系の専門学校や観光系の学部・学科を卒業している必要もありませんので、その門戸は広く開かれていると言っても過言ではありません。

ただし、新卒以外の場合はバスガイド経験者であることを求人の条件にしている場合もあります。

未経験者OKの求人もありますが、未経験者だとバスガイドとしての転職先はある程度は限定されてしまうことについては理解しておく必要があります。

バスガイドへの転職の志望動機で多いものは?

旅好きである

新卒の場合にも多い理由ですが、バスガイドになりたい人の多くは「自身が旅好きである」という理由でバスガイドになるケースが多いです。

バスガイドの仕事はさまざまな観光地を巡るため、仕事をしながら観光地を巡ることができるバスガイドの仕事は旅好きの人にとって天職であるといえます。

人と関わる仕事がしたい

バスガイドへの転職理由として「人と関わる仕事・人の役に立っている実感が持てる仕事がしたい」という理由もあります。

バスガイドの仕事は多くの人の笑顔に直結できる仕事であり、人の役に立ちたい人、人に深く関わる仕事に就きたい人が転職先に選ぶことがあります。

バスガイドの経験がある

バスガイドの仕事は経験が生きる仕事でもあります。

求人においても、新卒以外には「バスガイド経験者」を条件としている求人があり、バスガイドの経験があると即戦力として採用される可能性が高いです。

バスガイドの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からバスガイドになるには

バスガイド未経験は転職に不利

バスガイド経験がない社会人がバスガイドに転職することは、条件的には不利であると言わざるを得ません。

バスガイドの求人の中には「新卒、またはバスガイド経験者に限定」しているケースも多く、要するに社会人であり、バスガイド経験がない人はこの条件に合わないのです。

未経験者OKのバスガイド求人もある

しかし、すべてのバスガイド求人が「新卒または経験者限定」というわけではありません。

バスガイド求人の中には新卒以外であり、かつバスガイド未経験でもOKという求人もあるのです。

未経験者がバスガイドに転職したいと考える場合には、新卒以外でも未経験者OKの条件で求人を出しているところを選ぶ必要があります。

未経験者OKのバスガイド専門の派遣会社に登録するのもアリ

派遣会社の中には「バスガイド未経験者でもOK」な「バスガイド専門」の派遣会社があります。

バスガイド未経験者でバスガイドへの転職を考える際には、そうした派遣会社に登録しておくとよいでしょう。

バスガイドへの転職に必要な資格・有利な資格

必須の資格はない

バスガイドになるためには、特定の国家資格などを必要としません。

国内旅程管理主任者の資格があると有利

「国内旅程管理主任者」の資格があると、バスガイドへの転職に有利に働く可能性があります。

バスガイドの求人の中には添乗員の仕事を兼務することを前提としているものがあり、添乗員の仕事は旅程管理主任者(国内ツアーだけなら国内旅程管理主任者が、海外ツアーも含めると総合旅程管理主任者が必要)の資格が必要です。

バスガイドとして採用されて入社後にこの資格を取得することを必須としている会社もあります。

ただし、旅行業者(または旅行代理業者)に勤務または内定していることが受験資格となるので、誰もが受験できるわけではありません。

国内旅行地理検定も有利に

これも必須ではありませんが「国内旅行地理検定」に合格していることも、バスガイドの転職に有利に働く可能性があります。

この資格は旅行地理検定協会が実施している全国統一試験であり、観光地の情報や地理の知識を評価するものとなっています。

その他にも、各地のご当地検定などの観光情報に関連した試験に合格しておくと、バスガイドとして働くうえで役立つ可能性が高いです。

バスガイドへの転職に役立つ職務経験は?

観光案内

バスガイドへの転職で最も役立つであろう職歴は「観光案内」です。

バスガイドの仕事に近く、バスガイド経験者とほぼ同程度の職務経験として扱っている会社もあります。

接客業・サービス業

次に役立つであろう職歴は「接客業・サービス業」です。

人と接する経験や、丁寧な接し方などのコミュニケーション能力とサービス提供能力を培うことができる仕事であり、丁寧な立ち居振る舞いが求められるバスガイドの仕事にも役立ちます。

外国語関連の仕事、外国での勤務経験

外国語に関連した仕事や、外国での勤務経験がバスガイドの就職に役立つ可能性があります。

バスガイドの仕事は外国人を相手にする機会も多く、外国人観光客を取り込みたい会社にとって外国語でのコミュニケーション能力を認められるこれらの職歴を持った人はぜひ採用したいと考えるでしょう。

医師看護師

就職に有利に働くかどうかは微妙ですが、バスガイドとして働くうえで「医師または看護師」の職歴が役立つ可能性があります。

バスガイドの仕事は利用客の体調管理や、いざという時の救護活動などを必要とします。

医療現場での職歴があれば、利用客の体調の変化にいち早く気づけたり、いざ体調を崩したときの応急処置やその後の対応もスムーズに行えるでしょう。

バスガイドへの転職面接で気をつけるべきことは?

有利な職歴は積極的にアピールする

バスガイドの仕事は知識や学歴よりも(これらも重要といえば重要ですが)「経験」が重視される世界です。

バスガイド経験があればもちろん前面に押し出す必要がありますが、それ以外にも有利になるであろう職歴や経験があれば積極的にアピールしたいところです。

有利な情報がなくても熱意をしっかりとアピールする

もし、バスガイドへの転職に有利な職歴や経験がなかったとしても、バスガイドへの転職を諦めなければならないわけではありません。

バスガイドの仕事は体力勝負で精神的にも辛い場面が多く、その上で給料もそれほど多くない仕事であるため、人の出入りの激しい世界です。

前述のとおり経験が重要なバスガイドの世界では、いかに長く仕事を続けられるか、経験がある人材を確保できるかが会社にとって課題の1つです。

「バスガイドになりたい・バスガイドとして長く働き続けたい」という熱意をアピールできれば、未経験者でも採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

バスガイドに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

新卒や若い世代が好まれる

一般的に、バスガイドの採用は新卒または若い世代であることが好まれています。

バスガイドの仕事は、入社後に社内研修を行い、バスガイドとして働きながら知識と経験を磨いていくという教育の観点から、若い世代が好まれる傾向にあるのです。

30代や40代でも採用する会社はある

ただし、30歳以降になるとバスガイドになれないというわけではありません。

バスガイドの仕事は経験が重要な世界であるため、バスガイド経験者であれば特に高齢でも重宝される傾向にあります。

特に、バスガイドとして5年以上の職務経験があれば、ベテランバスガイドとして多くの観光バス会社で採用したい人材として重宝される可能性があります。

人生経験は武器になるが、年齢はデメリットにもなる

人生経験は、精神面や知識面、経験面で大きな力となり、バスガイドとして役立つ場面も出てきます。

しかし、一方で年齢を重ねることでバスガイドとして働くのが不利になる側面もあります、それは「体力面」です。

立ち続け・歩き続けであるバスガイドの仕事は、多くの利用客を一度に相手にしなければならない面において、特に体力面でキツい仕事でもあります。

未経験からバスガイドの転職での志望動機

いかにしてバスガイドになる熱意を伝えられるか?

バスガイドの仕事は体力的・精神的・収入的につらい部分も多く、人の出入りの激しい世界でもあります。

そんな世界に入ろうとしているわけですから、どれだけ熱意をもってバスガイドの仕事に就きたいのかをアピールすることは重要です。

「旅好きである」といった理由は決定打にならないため、その上でバスガイドへの熱意をしっかりと考えておきましょう。

なぜバスガイドになろうとしたのかの動機付けは重要

重要なことは「なぜバスガイドなのか?」の動機付けです。

例えば旅好きの人であれば、観光関連の他の仕事でもその欲求を満たすことはできます。

「バスガイドだからこそ」という部分をいかに志望動機に組み入れることができるのか、また、なぜその会社であるのかという動機をしっかりと説明できることは重要なポイントになります。