ツアーコンダクターへの転職・未経験採用はある?

ツアーコンダクターへの転職状況は?

ツアーコンダクターは、学生時代からこの仕事を目指し、観光系の専門学校や大学を出ている人がいる一方で、異業種から転職する人も比較的多い職業です。

ツアーコンダクターの主な就職先は旅行会社となりますが、近年は自社でツアーコンダクターを採用する旅行会社が減ってきているという実情もあります。

それに代わる存在として出てきたのが、ツアーコンダクター専門の派遣会社です。

派遣のツアーコンダクターの場合、ツアーごとに様々なクライアントから依頼を受け、添乗する形となります。

正社員のような安定性は望めませんが、自分の思うように仕事を調整できるというメリットもあります。

派遣会社というと、実務経験のある即戦力だけが登録できるように思われがちですが、ツアーコンダクターの場合は必ずしもそうとは限りません。

未経験・資格未取得でも登録できる会社もたくさんあり、実際に未経験から転職した人材が活躍しています。

ツアーコンダクターへの転職の志望動機で多いものは?

ツアーコンダクターの志望動機で多いものは、「旅行が好き」ということと、「人と接することが好き」というものです。

特に、別業界からの転職の場合、「人と直接接する職業だから」という志望動機が多いようです。

実際、ツアー参加者と直接やりとりをし、ツアーのサポートをすることが仕事であり、参加者の反応や感想がダイレクトにつたわってくるという点は、ツアーコンダクターの魅力の一つです。

また、ツアーコンダクターや旅行業界でなくても、それまでの仕事を通じて地域の風土に関する知識が深かったり、交通機関の手配に精通していたりというスキルがある場合、それらの経験を生かせるからという志望動機も好まれるでしょう。

ツアーコンダクターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からツアーコンダクターになるには

ツアーコンダクターとしてひとりでツアーに添乗するには、「旅程管理主任者」という資格が必要です。

そのため、未経験からツアーコンダクターになるには、まずこの資格を取得する必要があります。

といっても、就職前に独学で取得する必要はありません。

この資格はなんらかの企業に属している必要がありますので、まずは旅行会社もしくは派遣会社に就職し、その企業のサポートを得て資格取得を目指すという流れになります。

未経験から目指す場合、まずは未経験可の求人を見つける必要があります。

これまでの自分の経歴や特技、希望と合致する求人があれば応募し、入社後に研修を受けて資格取得、という流れです。

ツアーコンダクターへの転職に必要な資格・有利な資格

ツアーコンダクターになるために必須となる「旅程管理主任者」の資格は、入社後取得することになります。

それでは、入社するために取っておくと有利になる資格にはどのようなものがあるでしょうか。

まずは、旅行関連の知識や経験を証明する資格があります。

民間資格ですが例えば、「旅行地理検定」や「イベント業務管理士」などの資格を取得していれば、旅行を楽しみとしてだけでなく、仕事としてしっかり意識して捉えているということが伝わります。

また、海外ツアーの添乗や外国人向けツアーの添乗を希望している場合、国家資格である「通訳案内士」の資格を持っていると、語学力と旅に関する知識の両方を証明することができ、大変有利です。

ツアーコンダクターへの転職に役立つ職務経験は?

ツアーコンダクターは多くの人と接する仕事です。

異なる業界であっても、接客やサービス業で勤めた経験がある人は、そこで培ったスキルを生かすことができるでしょう。

一方、ツアーコンダクターは笑顔でお客さまに接するばかりでなく、旅先でお客さまのために走り回ったり、長時間労働をもいとわずに働かなければならないこともあります。

例えばイベント会社などでイベント運営の経験があったり、多人数が関わるプロジェクトを管理した経験などがあれば、それも大きな強みとなります。

とはいえ、業務に必要なスキルは、研修や実務を通して身に付けていくことができます。

実際の選考においては、こういった経験や知識もさることながら、熱意や体力など、ポテンシャルの面が特に重視される傾向にあるようです。

ツアーコンダクターへの転職面接で気をつけるべきことは?

志望動機の項でも書いたように、ツアーコンダクターの仕事は憧れと現実のギャップが大きい仕事でもあります。

そのため、面接ではツアーコンダクターでなければいけないという強い意志があるかということ、そして、憧れだけで志望していないかということが見られることも多いようです。

また、ツアーコンダクターは参加者と接する時間が大変長く、与える印象がとても重要な仕事です。

身だしなみや言葉遣いはもちろん、笑顔や声のトーンなど、人に与える印象をチェックされているということを意識し、好感を持たれるような振る舞いを心がけると良いでしょう。

また、面接では、勤務条件や派遣条件についてもしっかり確認しておくことをおすすめします。

派遣社員の場合日給制であったり、実際にはあまり仕事がなかったりと、収入が不安定になることがあります。

転職したことで収入が激減してしまった、という人も稀ですがいます。

実際の仕事においてどのような働き方、収入が想定されるのか、休みはどのようになっているのかなど、生活に関わる重要な内容は面接までに確認しておくことを怠らないようにしましょう。

ツアーコンダクターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ツアーコンダクターの求人において、年齢制限が設けられていることはあまりありません。

そういう意味では、年齢に関わらず、思いがあればチャレンジすることができる仕事であるといえるでしょう。

しかし、ツアーコンダクターの仕事はタフです。

宿泊を伴うツアーの場合、参加者が眠っている間にも翌日の準備をしたり、トラブルがあった場合は対応したりと、24時間体制での対応が求められます。

勤務日もツアーの予定に左右され流動的であるため、毎日同じようなスケジュールで生活するということも困難です。

ツアー参加者の安全を守るためには、まず自分が常に万全な体制でいなければいけません。

そのため、現実にはツアーコンダクターを目指す人には年齢的に若い人が多いという傾向があります。

しかし、キャリアを重ねた後にツアーコンダクターに転身する人ももちろんいます。

しっかりと自己管理ができ、参加者の快適性と安全を守ることができる人材であれば、何歳になってもチャレンジすることは可能なのです。