ジュエリーメーカーに特有の職種

デザイナー

最終的にお客さまが目にするジュエリーの基となるデザイン画を作成する仕事です。

企画やマーケティング担当者などが考えた商品のコンセプトに応じて、コスト計算を行いながら、手書きやパソコンを使って製図などの作業を行って絵を仕上げていきます。

ジュエリーのデザインを起こすにあたっては、ただ画力やセンスがあるだけではなく、貴金属や宝石の特徴を正しく理解している必要もあります。

ジュエリーデザイナーの仕事

製作職

デザイナーが作成したデザイン画を基に、原型の製作や鋳造、仕上げなど、修理・メンテナンスなどの仕事などに携わります。

大手企業では大規模な工場での効率的な製造も行われていますが、ジュエリーは繊細なものであるため、各工程において製作者の手を使った作業も必要となってきます。

職人的な要素が色濃く出る職種であり、金属工芸の技法を扱いこなすスキルや、造形センスが求められる仕事です。

販売職

自社ブランドのジュエリーを、直営店や百貨店などのショップで販売する仕事です。

会社によっては「セールス職」「ジュエリーアドバイザー職」などと呼ばれることもあります。

この仕事は来店されたお客さまに対しての接客が中心となりますが、店内のレイアウトや商品管理、清掃、会計など、店舗運営全般に携わっていくことになります。

一人ひとりのお客さまのニーズをヒアリングしながら、ジュエリーの特徴を紹介し、その方に最も喜んでいただけるジュエリーを提案していきます。

その他

ここで挙げてきた職種は、ジュエリーメーカーならではといえる代表的な職種となりますが、ジュエリーメーカーではそれ以外にもさまざまな職種の人たちが役割分担をして働いています。

たとえば、原材料を調達する仕事、製造した商品を検品する仕事、生産ラインを管理する仕事、自社商品の営業をする仕事、また総務経理といったように、会社の経営や社員たちを裏方として支える仕事もあります。