ジュエリーメーカー社員の志望動機、面接

代表的な志望動機

ジュエリーメーカー社員の志望動機としてよくあるのは、「もともとジュエリーが好きで、美しいジュエリーを人々に提供していきたい」や「ジュエリーを通じて人を幸せにしたい」といった内容です。

ジュエリーは、人の心を豊かにしたり幸せな気持ちにする力を秘めており、そんなジュエリーを提供するジュエリーメーカーでは、世の中に夢や感動、満足、幸福感を与えていくことを目指しています。

だからこそ、ジュエリーメーカーで働くための志望動機も、「人を幸せにしたい」という思いを素直に出すとよいでしょう。

気を付けておきたいこと

ジュエリーメーカーは数多くあり、会社によって理念や経営方針が異なります。

また、会社によって独自のブランドを立ち上げていたり、グローバル展開を行っていたリと、事業内容にも特色があります。

ただ単に「ジュエリーが好き」「夢を与えたい」というだけでは、他の人と似たり寄ったりの志望動機になってしまうため、各社の会社情報をよく調べたうえで、自分が共感できる部分を見つけ、あえてその会社を志望する理由を志望動機に含ませることが大事だといえます。

また、自分自身の過去の体験から、ジュエリーというものに興味を持つようになった理由を盛り込むのもよいでしょう。

面接の内容とポイントは?

ジュエリーメーカーの面接の内容は、応募する職種によっても異なってきます。

デザイナーなどの技術職であれば、これまでに勉強してきたことやスキルの確認がなされることも多いようです。

販売職であれば、清潔感や身だしなみなどを含めた第一印象やビジネスマナー、明るさ、感じの良さといったコミュニケーション力を中心に見られやすいです。

営業や企画、事務といったその他の職種では、一般的な社員の面接とさほど違いはないようですが、志望動機を中心に、自分がこれまで力を入れてきたことや今後の目標などについては、自信を持って話せるようにしておきたいものです。