ジュエリーメーカーでのインターン

ジュエリーメーカーのインターンとは?

いま、多くの企業で「インターンシップ(通称:インターン)」が行われるようになっています。

インターンとは、就職前の学生を対象に企業での就業体験ができるものとなっており、その会社の仕事内容についての理解を深めたり、業界そのものに関する知識を身につけたりする機会となります。

まだ社会に出たことのない学生にとっては、いくら「こういう仕事に興味がある」と思っても、実際に働いてみないことには、なかなか具体的なイメージが湧きにくいところがあるものです。

ジュエリーメーカーにおいても、大手企業を中心に、しばしばインターンが行われており、「ジュエリーブランドについてよく知りたい」「業界の現状や今後について理解したい」といった考えを持っている学生が、積極的に参加しているようです。

インターンへの参加は任意ですが、自分の人生やキャリアを真剣に考えていくうえではきっと役立つことでしょう。

インターンの期間や日数は?

ジュエリーメーカーのインターンは、数週間~数ヵ月以上にわたって行われる長期のものと、1日や数日程度で終わる短期のものがあります。

長期のインターンであれば、週に1日程度のプログラムを続けて参加するといった形が多いようですが、会社によってプログラム内容は異なります。

短期のインターンでは、その会社や業界についての理解を深めると同時に、グループワークなどを通して、基本的な仕事内容を体感できるプログラムが中心です。

具体的にはどんなことをするの?

インターンのプログラムは会社によってさまざまであり、営業、デザイン、企画、広報など、ジュエリーメーカーにおける多様な職種の仕事内容に触れられる複数のコースが設けられていることもよくあります。

自分が最も興味あるコースを選んで参加することになります。

長期のインターンシップになると、徐々に難しい仕事も経験できるようになり、より深くその会社での仕事内容を体感することができるでしょう。