医師になるための学費は? 医学部の難易度はどれくらい?

医師になるための学費

医師になるためには、「6年制の医学科」を卒業する必要があります。

医学部には、医学科のほか、看護学科や保健学科、生命科学科などといった学科が設置されている大学もあります。

しかしながら、上述の通り、医学科を卒業しなければ、たとえ医学部であったとしても医師にはなれませんので注意が必要です。

医科大学や医学部医学科のある大学には、国公立と私立の大学があり、多くの受験生が第一志望に設定するのは国公立の医学部医学科です。

その大きな理由のひとつに、学費などの授業料が挙げられます。

医学部は一般的に知られているように、他の学部よりも学費は高額です。

授業料のほかにも、実習費、施設費、教材費などがたくさんかかり、6年間の総額にすると安くて2000万円、高ければ5000万円を超える私大医学部も少なくありません。

また、入学金も他の学部に比べて高額であることが多く、入学初年度にはかなりのお金がかかる大学もあります。

一方、国公立の大学は医学部医学科であろうと授業料は一律のため、年額60万円程度の学費で済みます。

大学によって、その他の費用が掛かることはありますが、私大ほど高額なお金が必要になることはありません。

医師になるには

医学部の難易度

医科大学や大学の医学部医学科の入試は、大学受験のなかでも最難関レベルといっても過言ではありません。

日本全国に国公立、私立とさまざまな大学がありますが、医学科は、いずれにしても理系のなかでトップクラスの学力がなければ合格することはできません。

とくに、最難関といわれる「東京大学理科三類(国立)」「京都大学医学部(国立)」「慶應義塾大学医学部(私立)」に関しては、いずれも偏差値70以上は確実に必要になります。

地方の国公立大学や私立大学になると若干難易度や倍率は落ちるものの、それでも例外なく高い偏差値が求められます。

したがって、医師を志し、医学部を受験するには、長い時間をかけて専門の対策をする必要が出てきます。

中学から中高一貫の学校に通い、高校3年生までの6年間をかけて医学部合格に向けた受験対策をする学校もあるほどです。

偏差値と同じように高い「倍率」

医学部に合格するのが難しい理由は、偏差値そのものが高いことに加えて、入試倍率の高さも挙げられます。

学費が低めで人気のある私立大学医学部の場合には、倍率が数十倍となることも珍しくありません。

実質的には、国公立の滑り止めなどで複数校受験する受験生も少なくありませんので、補欠合格などで実際の募集人数よりも多く合格する傾向が見られます。

しかし、それでも高倍率であることに違いはありません。

医学部は、「生涯続けられる医師という職業が目指せる」「社会貢献性が高くやりがいの大きな仕事ができる」「収入や地位も安定している」というような魅力から、学生からは不変的な人気があります。

医学部を目指す人は、志望大学の医学部の偏差値の高さや倍率の高さを十分に考慮し、厳しい受験戦争に勝ち残れるよう努力したうえで立ち向かっていくことが必要です。