ウエディングプランナーの仕事内容

結婚式をプロデュースする

ウエディングプランナーは、結婚を控えるカップルの結婚式をプロデュースする仕事です。結婚式を開くとなれば、予算や日取り、衣装、招待状の手配など、決めるべきことがたくさんあります。

ウエディングプランナーは、お客さまの意見や要望を聞きながらそれぞれに対して最善の案を提案し、素晴らしい結婚式になるようトータルでサポートしていきます。

ウエディングプランナーの主な勤務先は、ホテル、結婚式場、レストラン、ウエディングプロデュース会社です。なるための公的な資格は存在しておらず、どの職場で働く場合でも業務内容にさほど違いはありません。

なお、職業名は「ブライダルプランナー」「ブライダルコーディネーター」「ブライダルプロデューサー」などと呼ばれることもあります。

ウエディングプランナーの仕事内容は、大きく以下の3つのステップに分けることができます。

提案・営業

結婚式場の見学に訪れるカップルにヒアリングを行い、会場の案内をしながら、ここでどのような式を挙げることができるのか提案・営業をします。

カップルはいくつもの式場を回って比較検討するため、自社で式を挙げてもらえるように魅力的なプランを提案します。

お客さまに選んでもらうためには、「どんな式にしたいのか?」「予算はどれくらいか?」「こだわりはあるか?」などを丁寧にヒアリングすることが大切です。

ウエディングプランナーの営業業務

事前準備

式を挙げてもらうことが決まったら事前準備に入ります。

お客さまの要望を聞きながら、日程、予算、式の詳細(式の進行、料理、ドレス、BGM、式場のレイアウトなど)を詰めていきます。

また、式当日の司会者の選定・手配や照明・音響係の委託発注、料理の手配などを、スタッフに正確に指示していきます。職場によっては自分が行う場合もあります。

一般的には数ヵ月前から準備が始まり、式当日まで何度も打ち合わせを行います。話を詰めていくうちに、お客さまの要望にも変化が出てくるためです。

また、新婦のヘアメイクを相談・決定したり、「前撮り」という形で結婚式の写真を事前に撮るケースもあります。

打ち合わせの日取り決めや連絡も、プランナー自身が行っていきます。打ち合わせ以外のときでも、招待状や引き出物の選び方など、細かな新郎新婦の要望や質問には随時対応します。

結婚式当日

ウエディングプランナーにとって一番の大仕事は結婚式当日です。手配している全てのものが届いているか確認し、時間通りに式を始められるよう会場全体に気を配り、各スタッフを動かしていきます。

事前の準備通りに式場がレイアウトされているか? 司会者は進行内容をきちんと把握しているか? BGMはきちんと流れるか? など、チェックすべきことは山ほどあります。

式の本番では、どんなトラブルにでも対応できるように、会場の脇で進行をチェックしながら立ち会います。

長い準備を経て、無事に披露宴・結婚式が終わったときが、ウエディングプランナーの感動の瞬間です。

式が無事終わった後も休む暇はありません。後片付けの段取りを指示し、また次のお客さまとの打ち合わせの準備に追われます。

プレッシャーの大きな仕事ですが、「新郎新婦を幸せにする」という魅力にあふれており、人気が高い職業の一つとなっています。

仕事体験談