ウエディングプランナーの就職先・活躍の場

ウエディングプランナーの職場といえば、一番に結婚式場やホテルを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

たしかにこういった場では、たくさんのウエディングプランナーが活躍していますが、人々の価値観が多様化するにつれ、ウエディングプランナーを必要とするシーンは以前にも増して広がりを見せています。

ここでは、ウエディングプランナーの主な活躍の場を紹介します。

結婚式場・ホテル

結婚式を専門に扱う式場は、ウエディングプランナーが最も活躍できる場所の一つです。

挙式を検討するお客さまへの営業活動から、成約後のプランニング、そして式当日の進行まで、時間をかけてお客さまの最高の1日を演出していきます。

これらの仕事を全体を通して一人のウエディングプランナーが行うこともあれば、分業制で仕事を進めることもあります。

また、ホテルでもウエディングプランナーが多数活躍しています。ホテルは挙式以外にも、宿泊や食事などさまざまな目的のお客さまが訪れます。

ウエディングプランナーは、ホテル内の「宴会担当部門」に配属されることが多く、この場で結婚式を希望されるお客さまとやりとりを進めていきます。

ただし、ウエディングプランナー志望で入社したとしても、必ずしも最初からその部門に配属されるわけではないことは覚えておくべきでしょう。

プランニングから式の進行といった流れは式場で働く場合と同様ですが、ホテルに勤務する場合は、館内の施設等に関する知識も持ちあわせている必要があります。

ブライダルプロデュース会社

ブライダル専門のプロデュース会社に所属して働く人もいます。

こういった企業では、ウエディングが行えるレストランやゲストハウスなどを運営していることが多く、より個性的かつ、一人ひとりのお客さまのニーズに叶った結婚式やパーティーを実施していきます。

昔のように、大きなホテルの宴会場を貸し切って形式的な披露宴を行うカップルが徐々に減りつつある現代、アットホームな空間を演出できるレストランウエディングやハウスウエディングは、今後さらにニーズが高まってくるかもしれません。

その他

他にも、ドレスショップや美容室、ブライダルを扱うビューティーサロン等に勤務して働くウエディングプランナーもいます。

また、経験を積んだのちは企業等に所属せず、フリーランスの形でクライアントからの依頼に応じてさまざまな現場をこなす人も少なくありません。

仕事体験談