セラピストの仕事内容

セラピストの仕事の共通点 世間には、アロマセラピストやマッサージ師に代表されるようなボディ系セラピスト、メンタル面のセラピーを行うメンタル系セラピスト、気孔などエネルギーを送るエネルギー系セラピストなど、数多くのセラピス … 続きを読む

セラピストの種類

セラピストの種類 かつてセラピストと言えば、大きく分けると、【アロマテラピーなどの施術を行うボディ系セラピスト】【精神療法や心理療法を行う精神系セラピスト】【気功や霊気などのエネルギー療法を行うエネルギー系セラピスト】の … 続きを読む

セラピストの1日

一日の流れ セラピストの一日は就業する店舗や勤務形態によって異なります。多くの場合、セラピストは施術をするだけでなく、店舗運営の改善、備品の発注、集客、金銭管理なども担当します。そのため一人で何役もこなす必要があり、繁盛 … 続きを読む

セラピストの役割

顧客の不調を取り除く セラピストの役割は薬や手術など医療行為に頼らずに、マッサージなどの物理療法、カウンセリングやセラピーなどの心理療法などを用いて、顧客の不調を取り除くことです。 これらの行為は海外では医療の代替治療と … 続きを読む

セラピストの魅力

お客さまから感謝される セラピストの魅力は人の心に触れ、癒しを提供できる仕事であるということです。セラピストの仕事は簡単なものではありませんが、真摯に向き合うことで人から感謝される仕事ができるようになります。 セラピスト … 続きを読む

セラピストのやりがい

お客さまに喜んでもらえる セラピストのやりがいは、何といってもお客さまの笑顔です。施術を受けたお客さまが笑顔で帰っていくのを見るのは何にも変えがたい喜びで、セラピストのモチベーションを上げる原動力となります。 また、施術 … 続きを読む

セラピストのつらいこと、大変なこと、苦労

給料が低い セラピストの多くが不満として掲げるのが、給料の低さです。セラピストは一般的に年収200万円台が多いと言われています。雇用する会社は完全歩合制のところも多く、安定収入を得るためには固定客(リピーター)を掴めるか … 続きを読む

セラピストとカウンセラーの違い

共通点は心理学 日本で心理学に関わる職業を大きくわけると心理士、心理カウンセラー(相談員)、心理セラピスト(療法士)になりますが、いずれも現状は国家資格ではなく民間資格です。 「臨床心理士」のように指定大学院の修了者しか … 続きを読む

セラピストと整体師の違い

ボディ系セラピストについて 整体師との違いを考えるときにイメージされるセラピストとは、「タイ古式マッサージ」や「リンパドレナージュ」「リフレクソロジー」などの施術者いわゆるボディ系セラピストではないでしょうか。 日本では … 続きを読む

セラピストとヒーラーの違い

ニュアンスの違い セラピー(therapy)とヒーリング(healing)はともに心身の癒しを意味するという点において両者のあいだに明確な違いは存在しないといえるでしょう。 ただ国家資格を有する柔道整復師、鍼灸マッサージ … 続きを読む

セラピストの職業病

ボディ系セラピストの場合 タイ古式マッサージやリンパドレナージュ、リフレクソロジーなどのリラクゼーションセラピストのなかには、職業病といえるほど慢性的に腰痛や腱鞘炎を抱えている方がたくさんいらっしゃいます。 腰に負担のか … 続きを読む

セラピストの独立、開業

開業まえに必要なこと セラピストとして開業したいと考えたとき、実際のオープンまでに必要なことは何でしょうか。 もちろんいきなりセラピストの看板をかかげて自宅をサロンにすることもできます。 しかし現実的に考えた場合、独立で … 続きを読む