セラピストのつらいこと、大変なこと、苦労

給料が低い

セラピストの多くが不満として掲げるのが、給料の低さです。セラピストは一般的に年収200万円台が多いと言われています。雇用する会社は完全歩合制のところも多く、安定収入を得るためには固定客(リピーター)を掴めるかが鍵となります。

そのため、技術はもちろんのこと、コミュニケーション術や健康に関する知識など、さまざまな勉強が必要になっていきます。そうして初めて、熟練のセラピストとして安定収入を得ることができるようになるのです。

向上心を持たなければならない

セラピストとして仕事をするためには、常に技術や知識の向上を意識しなければなりません。大抵の場合セラピストは、自費でスキルアップの講習を受けに行きます。

この傾向は技術力のあるセラピストほど強く、現状に満足せずにスキルアップを求め続けることが、良いセラピストとなる道だと言えます。

体力勝負

マッサージや整体などのボディセラピストの仕事は、体力勝負です。施術の際に力を使うことも多く、セラピストによっては腰痛や腱鞘炎など体の不調を抱えている人も多いと言われます。

業務内容によっては重い荷物を運ぶことや、朝から晩まで待機することもあります。基本的に立ち仕事だということもあり、体力があるというのはセラピストの基本です。

風邪や病気になると仕事に入れない

セラピストは心身ともに健康であることが求められます。風邪や病気、怪我をしたセラピストは、お客さまに不快感を与えるという理由から出勤を断られる場合があります。そのため、健康状態には気を配り、病気にならないように意識する必要があります。