システムエンジニアに必要な知識、スキル

システムエンジニアとして働くうえで、まず必要とされるのが「業務知識」と「テクニカルスキル」です。

ここでは、それらがどのようなもののか紹介します。

業務知識

ひとくちに「システム開発」といっても多種多様な現場があり、プロジェクトによって作るものも要件などもまったく異なります。

また、クライアント企業の業界は多岐にわたっており、業界ごとに独自の仕事の進め方や動向といったものが必ず存在します。

システムエンジニアは、開発を進めるうえでそれらを理解しておくことは非常に重要とされており、そうしたものが一般的に「業務知識・業界知識」といわれます。

もちろん、ありとあらゆる業界の深い知識を身につけることはほぼ不可能です。

しかしながら、最低限クライアントと会話ができるだけの知識を身につけることで、より信頼関係も深まり、目的達成に近づく設計ができるようになります。

テクニカルスキル

いわゆる技術力といわれるものです。それには、コンピュータやネットワークをはじめとする基礎知識や、システムの設計図を作るための設計力などがあります。

システムエンジニアの場合、プログラミングについての高度なスキルは求められないこともありますが、プログラミングもできるシステムエンジニアになれば、仕事の幅は広がるでしょう。

ただし、技術は日々進化していくため、過去の技術にとらわれているばかりではいけません。

基礎の上に、常に新しい技術を追い求めていくことが、システムエンジニアとして必要な考え方です。

ヒアリング力、提案力

これらのほか、システムエンジニアにはヒアリング力や提案力が求められます。

これらは「コミュニケーション能力」にも含まれるともいえますが、システムエンジニアは「クライアントが何を望んでいるのか」がきちんと理解することが大前提です。

それができなければ、その先に生み出すものはピントがぼけたものとなってしまいます。

クライアントに対して適切にヒアリングし、そのうえで考えたものを正しく相手に伝えていくこと。こうした力を備えることが、システムエンジニアには求められます。

マネジメント能力、リーダーシップ

システムエンジニアは、プロジェクトごとに多数のプロジェクトメンバーを統率していくことになります。

そのため、現場を仕切る力は必須です。しかし、ただ上から指示を出すだけではなく、個々の個性やパフォーマンスをよく見たうえで、一人ひとりとコミュニケーションをとることが大切です。

何よりも、周囲の人たちから信頼される存在にならなくてはなりません。こうした豊かな人間性も、システムエンジニアとして成功するためには必要な要素のひとつです。

仕事体験談