フリーランスのシステムエンジニア

フリーランスのシステムエンジニアとは

システムエンジニアは、正社員や派遣の形で企業と雇用契約を結んで働く人がいる一方、フリーランスで活躍する人も少なくありません。

多いパターンは、会社に勤務してある程度の経験とスキルを身につけ、そこからフリーランスになる流れです。

フリーランスのシステムエンジニアは、さまざまな企業と業務委託契約を結び、案件に応じた仕事をこなしていきます。

実力さえあれば大型プロジェクトに参加することもでき、うまくいくと次から次へと仕事が舞い込んでくることになります。

会社に勤めていると、どうしても案件の種類や業務の幅が固定されやすいですが、フリーランスであれば自分次第で多様な案件に携わることができます。

こうしたことから、将来はフリーになることを目指して頑張っている人もたくさんいます。

フリーランスになると稼げる?

フリーランスのシステムエンジニアのなかには、会社勤めよりもずっと高額な収入を得ている人もいます。

ただし、知っておきたいのは、フリーランスになれば必ず成功するというわけではないということです。

フリーになると会社が守ってくれるわけではありませんし、自分一人でクライアントとの折衝や営業までしなくてはなりません。

また、実力に関してもシビアに見られることが多くなるため、より大きな緊張感と責任感を感じることもあるでしょう。

場合によっては仕事がもらえないときもあるかもしれません。そうした不安定な面もあることはよく考えておいたほうがよいでしょう。

フリーランスになるべきか、ならないべきか

システムエンジニアがフリーランスになったほうがよいか、そうでないかについては、一言でまとめえしまえば「本人の考え方次第」となります。

誰にでも向き不向きはあり、「会社勤め」という安心感を抱えながらのほうが力が発揮できる人もいれば、あまり縛られない環境で、自分で道を切り開いていくやり方のほうが良いパフォーマンスを発揮できる人もいます。

ひとついえるのは、経験が浅いうちは勢いに任せず、しっかりと学べる会社でスキルアップしたほうがよいかもしれないということです。

とくに、最近では人材育成のために自社で勉強会を開催したり、資格取得や書籍購入の費用負担をしてくれたりする企業も増えています。

こうした環境はある意味、とても貴重です。フリーランスはたしかに自由度が高く、場合によっては大きな収入を得ることも可能ですが、その前にどのような働き方がしたいのか、何を目指していきたいのかをよく考えることが大切です。