スタイリストになるための学校(大学・専門学校・スクール)

スタイリストになるのに学校には通うべき?

スタイリストになるためのルートはいくつも考えられますが、いま第一線で活躍している人の大半は、服飾系の専門学校やスクールを卒業後、スタイリスト事務所に入社するか、プロのスタイリストのアシスタントになり、経験を積んで独立といった過程を踏んでいます。

必ずしも学校やスクールに通う必要はありませんが、現場で必要とされる基礎的な知識・スキルを身につけるには、専門学校で学ぶのがもっとも効率的といえます。

また、同じ志を持つ仲間との出会い、就職サポート、あるいは一流の講師から最新の業界情報を教えてもらえるなど、学校に通うメリットはさまざまあります。

もしあなたの周りにプロのスタイリストがおり、今すぐにでもアシスタントにしてもらえるようならば、わざわざ学校に通わずともスキルを磨くことは可能でしょう。

しかし、スタイリストを目指す人がごまんといるなか、「知識ゼロ」の状態で雇ってもらうのは非常に厳しい状況となっています。

そのため、やはり学校やスクールで少なからず専門知識を身につけ、そのうえでスタイリスト事務所への就職を目指したり、プロのアシスタントになる、というのが一番の近道になるといえそうです。

学校・スクールの種類

専門学校

スタイリストになるための学校として一番に挙げられるのは、服飾系の専門学校です。

「スタイリスト科」「スタイリストコース」といった名前の学科やコースが置かれていることが多いです。

昼間に開講する学校法人の専門学校の場合は、2年制で月~金曜日の日中に通うところが多いですが、なかには働く社会人向けに、夜間の時間帯や休日を使って通える民間スクールも存在します。

理論から実践まで、学べる内容は学校・スクールによって大きく異なります。

通信講座

通信講座の「コーディネートコース」などを利用して、スタイリングの基本を学ぶことも可能です。

しかし、これらの多くはアパレルショップの販売員の人がプラスの知識を身につけるために受講する程度のレベルで、バリバリとスタイリストで活躍したい場合には、あまりメリットがないかもしれません。

大学・短大

スタイリストになるための大学はほとんどありませんが、美術系大学の一部には、ファッションに関連する学科やコースを置くところがあります。

そのほか、服飾関係の学科を置く短期大学でファッションについて学ぶことも可能です。

全般的には、専門学校に進学して学ぶ人が多いといわれていますが、短大卒や大卒の学歴を手に入れたい場合は、これらの学校に通うことを考えてみるとよいでしょう。

スタイリストを目指すうえで「この学校でなくてはいけない」ということはありませんが、校風や講師の実績、通学する生徒の年代など、複数の学校を比較して選ぶほうがよいでしょう。

仕事体験談