ソーシャルワーカーの現状と将来性

介護の現場における需要が拡大中

ソーシャルワーカーは、福祉の専門家として少しずつ需要が高まっている仕事です。

とりわけ高齢化社会が進み続ける中、特別養護老人ホームなどの老人福祉施設で働くソーシャルワーカーの活躍が、ますます目立つようになっています。

また、現在は世の中における介護保険制度の浸透もあり、福祉はもちろん、介護に関する専門知識を有するソーシャルワーカーのニーズが増えているといえます。

ただし、介護職員に比べるとソーシャルワーカーの求人数には限りがあり、思うような就職先が見つからない人もいるようです。

現在、ソーシャルワーカーのほとんどは「社会福祉士」の国家資格を持って働いていますが、実際、有資格者であることが前提と考えられているケースも多いため、これからソーシャルワーカーを目指すのであれば、資格取得は必須といえるでしょう。

教育や行政の現場でも活躍

介護の現場以外にも、ソーシャルワーカーは、病院をはじめとする医療機関や学校などの教育機関、さらには行政まで、多岐に渡る場所で活躍しています。

相談者との対話を通し、人が抱えるさまざまな問題にアプローチする「カウンセラー」も、ソーシャルワーカーと近しい面がある仕事です。

最近では学校や企業内の相談室など、カウンセラーが活躍する場に、地域資源を生かして解決方法を探るソーシャルワーカーも併せて配置されるケースが出てきているようです。

相談者が抱えるさまざまな問題に寄り添うという精神的な苦労、また業務量の多さの割に給料が少ないといった待遇面の不満など、仕事のつらさ、大変さを語る人もいます。

ですが、大規模な施設や公務員として働く場合などは、比較的安定した待遇が期待できます。

自ら専門知識を広げ、深めていくことによって、まだまだ多様な活躍のチャンスが開けていく、未来ある仕事だといえるでしょう。