精神科ソーシャルワーカーとは

精神に障害を抱える人を助けるソーシャルワーカー

精神科ソーシャルワーカーとは、病気やケガなどによって日常生活を送るうえで困難を抱える人の支援を行うソーシャルワーカーの中でも、「精神に障害を抱える人」の相談にのり、さまざまな援助を行う仕事です。

一般的には、国家資格である「精神保健福祉士」の有資格者のことを指し、メンタルヘルスや福祉に関する専門知識を生かしながら、利用者の日常生活や社会復帰を支援します。

精神保健福祉士の仕事

具体的な仕事内容・役割

精神科ソーシャルワーカーの主な仕事は、精神障害者に対する相談援助です。

病院の生活相談室といった場所に勤務し、医師や看護師をはじめ、作業療法士や臨床心理士など、他業種の専門家と連携をとりながら、相談者への支援を行っていきます。

精神科ソーシャルワーカーは、医師のように直接治療に携わるわけではありません。

精神に障害を抱える人やその家族の良きアドバイザーとなり、必要な調整を行いながら、彼らの社会復帰を支援する役目を担っています。

また、最近では教育現場のメンタルヘルスに関する相談援助を行うスクールソーシャルワーカーや、職場でのストレスやうつ病対策などを行う企業内ソーシャルワーカーとして働く人も増え始めており、活躍の場は広がりつつあります。

精神科ソーシャルワーカーの活躍の場

精神科ソーシャルワーカーの代表的な職場は、総合病院の精神科や心療内科クリニック、精神保健福祉センター、精神障害者生活訓練施設などです。

生活訓練施設は、精神障害者が社会復帰をするための専門的な施設であり、日常生活に適応するための訓練や就労前トレーニングなどのサポートを行います。

また、行政機関や司法施設で働く人もおり、職場によって業務内容は多少異なります。

また、「こころの問題」を抱える人が増えている今、学校や一般企業に精神保健福祉士が配置されるケースも徐々に増えてきているようです。

仕事体験談