保健児童ソーシャルワーカーとは

問題を抱える子どもの支援を行う

保健児童ソーシャルワーカーは、いじめ、虐待、不登校などといった、さまざまな問題を抱えた子どもたちを支援する仕事です。

正確には「一般社団法人 医療教育協会」が認定する民間資格「保健児童ソーシャルワーカー」のことをいい、実際に保健児童ソーシャルワーカーという職業名で働く人はあまり存在しません。

ソーシャルワーカーのなかでも、とりわけ「子ども」に特化して支援を行う人のことを、こう呼ぶこともあるようです。

具体的な仕事内容・役割

現代の日本では、社会・家庭環境等の変化などによって、こころにさまざまな問題を抱える子どもが増えているといわれます。

実際に、子どものいじめや虐待、不登校などが社会的にも大きな問題となっている中、児童福祉の必要性や重要性はますます高まっていくばかりです。

保健児童ソーシャルワーカーは、児童福祉に関する専門知識を持ち、子どもの心(心理)と体(医療)の両面からサポートしていきます。

子ども本人と向き合って問題を見つけることはもちろん、子育てに悩む保護者の質問や相談にのったり、必要に応じて関係機関と調整を図りながら、援助を行っていきます。

保健児童ソーシャルワーカーの活躍の場

保健児童ソーシャルワーカーの活躍の場は、学校や保育所などの教育現場が中心となります。

そのほか、子どもが長期入院する小児病棟や小児クリニックなどの医療施設、あるいは乳児院や児童養護施設などで勤務する人もいます。

この場合、保育に関する専門知識も必要になってくることから、「保育士」の資格が求められることもあります。

なお、保健児童ソーシャルワーカーはあくまでも民間資格であるため、全体としては、国家資格である「社会福祉士」あるいは「精神保健福祉士」を持っている人のほうが、優先的に採用されるケースも多いようです。

仕事体験談