小学校教師(小学校の先生)になるには

小学校教師になるには

資格取得

小学校の先生になるためには、教員免許を取得することが必要です。

教職課程のある学校で教職課程を修了することで、小学校教員免許を取得することができます。小学校教諭普通免許状には、大学で取得できる1種免許状、短大で取得できる2種免許状、大学院で取得できる専修免許状の3種類があります。

3種類の中では1種免許状を取得することが一般的です。なお、教職課程を履修していな人であっても、「教員資格認定試験」に合格することができれば、2種免許状を取得することができます。

なお、小学校、中学校、高校の教員免許はそれぞれ異なります。

小学校教師教員採用試験の概要

小学校教師になるには

就職

教員免許取得後、公立の場合には、各都道府県などで実施されている教員採用候補者試験、私立の場合には、各小学校の教員採用試験を受験します。教員採用試験に合格することができれば、小学校教諭として働くことができます。

小学校教師の採用倍率は約4倍。年々倍率が下がってきている状態です。しかし、地域よって競争率に差があります。採用数が多い都市部は倍率が低く、採用数の少ない地方の採用倍率は高い傾向があります。

小学校教師に向いている人・求められる能力

小学校の先生は子どもに対する愛情がなければ務まらない仕事です。子どもの成長を心から喜び、責任を持って指導をしていくことが必要です。

また、保護者との関係づくりも大切な仕事です。自らの教育理念をしっかりと持ち、保護者に対して誠実に対応をすることが求められます。

小学校教師の現状と今後の見通し

学級崩壊やモンスターペアレントなど、小学校の教育現場は難しいものになってきています。
二人で授業を行うチームティーチングなど、新しい取り組みも進んできており、教育の方針も徐々に変わってきています。

今後も時代の流れと共に教育現場を取り巻く状況は変わってくると考えられ、教師には柔軟な対応が求められるようになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加