市役所職員のつらいこと、大変なこと、苦労

仕事の幅広さが負担に

通常、市役所職員の内、事務系職員(一般行政職)は、大体3年〜4年ごとに人事異動があり、幅広い分野の仕事を経験することになります。

産業振興、環境整備・保全、福祉、教育、観光・国際交流、まちづくりなどの部署間を異動し、それぞれの業務を経験するのです。

それまでの仕事と畑違いの部署にうつった場合、異動当初は知識や経験不足から上手く仕事をこなせなかったり、自宅で勉強しなければならなったりするなどの苦労があります。

一方、技術系職員(技術職)は各自の専門に関連した部署に配属され、部署内で多様な業務を経験します。

たとえば、建築系の技術職は、建築部の中で、許認可業務などを行う建築指導課から、公共施設の増改築・修繕などを担当する営繕課への異動などが考えられます。

この場合、これまでの事務から増築工事の現場監督などに仕事が大きく変わるため、戸惑うことも多いようです。

「NO」のストレス

市役所職員にとって不慣れな業務への戸惑いより、もっとつらいこと。それは、困っている人に「NO」といわなければならないことです。

市役所に持ち込まれた要望が、本人には切実なものでも、市役所でできないことは受け付けられません。

こういう場合、相手が頭を抱えていると分かっていても、はっきり断るのが職員の仕事。これは、つらいものです。

おまけに、受け付けられない理由や状況を説明しても、なかなか理解してもらえず、激しく抗議されたり、キツイ言葉を投げつけられたりすると、一層つらく感じるといいます。

「公務員はラク」のイメージ

「仕事がつらい? でも公務員は、決められた仕事をこなすだけで定時に帰れて、給料も高い。そのぐらいガマンしろよ」。

一般に「公務員はラクな仕事」のイメージがありますが、必ずしも現実に一致していないようです。

市役所では、職員が、仕事の流れややり方などの改善案を提案し、部署内で取り入れられたり、管理職が各種制度が現状に適したものになるよう、現場に意見を求めていたりするなど、より良い結果を出すために創意工夫をしているといいます。

また、部署によっては残業が多かったり、日頃は定時退庁している部署でも、繁忙期には残業になったりするそうです。

最近では人員削減が進み、職員一人当たりの仕事量が増加傾向にあるため、とくに入所間もない職員は、仕事に慣れるまで遅くまで働くことがあるといいます。

さらに給料は、各市の民間企業の給料などを踏まえて決定されるので、市の間では給料格差があり、必ずしもすべての市役所職員が高給取りというわけではありません。

しかもここ数年は、市の財政難から職員の給料は減少傾向にあります。

このように市役所職員はラクな仕事というわけではないのですが、そのイメージゆえに、仕事のつらさをこぼしても理解されにくい点は、悩ましいようです。