市役所職員の勤務時間・休日

幻の「定時退庁」?

一般に、市役所職員の勤務時間は平日8:30〜17:15ぐらいになります。

「公務員=定時退庁」のようにとらえられがちですが、実際はすべての公務員に当てはまるわけではないようです。

自治体や部署、職員の役職などによっては、残業が珍しくない場合があります。

たとえば、ある市の保健福祉局保護課の職員は、午前中は窓口で相談に訪れた人に対応、午後は訪問調査指導を行い、ほぼ毎日、定時退庁していますが、同じ市の建設局技術管理課の職員は、各種の打ち合わせや他部局への建設技術に関連した助言などに時間を取られ、頻繁に退庁時間が19:00を過ぎるといいます。

どの部署が忙しいかは、自治体によって違います。

また、普段は定時に仕事を終える部署でも、約3年〜4年ごとの人事異動の時期や急を要する仕事がある時には遅くまで働くことがあるといいます。

なお、もし、一般職員が残業した場合、労働基準法に則り、基本的に残業代は支払われます。しかし残業代には予算があるため、予算オーバーするとサービス残業になることがあるようです。

休日・休暇

通常、市役所職員の休日は、土日、祝日、年末年始ですが、職種によっては異なることがあります。

とくに、まちづくり、観光にかかわる部署では、イベントなどで土日出勤する場合、通常、時間外手当が支払われ、代休を取れます。

また、休暇には、1年当たり20日の有給休暇、妊娠・出産、慶弔などの場合の特別休暇、育児休業、介護休暇制度などがあります。

これらの休日・休暇は原則的に取れるわけですが、非常に忙しい部署に配属されると、なかなか休みが取れず、有給休暇を消化しきれないという話も聞こえてきます。