診療情報管理士の給料・年収

診療情報管理士の初任給

診療情報管理士の新卒初任給は、それほど高くはありません。

地域差があり、関東一円やその他の都市部で17〜18万円、地方では15〜16万円が平均的です。新卒初任給が15万円を切る求人も見られます。

正社員採用であれば、地域手当の支給が一般的になっています。額面は地域により異なりますが、おおむね1-3万円の枠内です。

その他、勤務先によっては住居手当や通勤手当、扶養手当などの各種手当が支給されることもあります。

中途採用の場合の給与

診療情報管理士としてすでに経験を積んでいる人、または診療情報管理士の資格を持っており、これまで医療機関で別の職種に携わっていた人の場合は、経験者採用として扱われます。

経験者採用の場合、新卒者に比べて給与は高くなる傾向にありますが、これも医療機関によって大きく異なります。公立、私立で差が出るかというとそうでもありません。

たとえば都内のある国立の医療研究センターでは、診療情報管理士の実務経験2年以上という求人条件ながら、15〜19万円という賃金での募集です。

一方、同じく都内の公立医療センターでは、同内容の求人条件で20万円〜34万円という募集があります。

私立についても同様で、経験者でも20万円を切る額面での募集があれば、30万円を超す場合もあります。

これは、勤務先の経営状態やポリシー、実際の勤務の内容が大きく異なっていることを意味します。転職先を選ぶ際には、これらの事項を確認して転職活動をしましょう。

賞与の額や福利厚生は?

基本給が低めであることとは反対に、賞与や福利厚生がしっかりしているのが診療情報管理職の特徴です。

賞与は年2回、計4ヶ月分が平均的で、各種保険(雇用、労災、健康、厚生)も完備されているのが一般的です。

この点から、給与の高さよりも安定性を選択するのも、着眼点のひとつでしょう。

とくに出産を経てブランクのある女性は、収入は配偶者とのダブルインカムを前提にすればいいため、安定して長く働ける職業として診療情報管理士を選択する人も多くいます。