診療情報管理士のやりがい・楽しさ・魅力

診療情報管理士のやりがい・楽しさ

診療情報の専門家として一目おかれる

診療情報の管理を一手に引き受ける診療情報管理士は、医療機関における他の仕事とはやや毛色が異なります。

そのため、この仕事にしかないやりがいも多くあります。

最も大きなやりがいは、自分が人に誇ることができる専門分野を持って仕事に当たれるということです。

医療機関において、診療情報はとても重要な情報です。

これらの情報がなければ、患者に適切な治療を施すことができませんし、行った治療に対する報酬を請求することもできません。

言い換えれば、医師看護師がいたとしても、診療情報管理士の仕事がなければ、医療機関の経営は立ちゆかないとうことです。

診療情報管理士は直接医療行為を行ったり患者に接することはありませんが、医療機関を根本から支える、たいへん意義のある職業なのです。

医師や看護師と対等に対話できる

医療行為を行うのは医師や看護師といった、医療者と呼ばれる職種の人材ですが、診療情報に関しては、診療情報管理士が責任を負う範囲です。

そのため、診療情報として記録されている内容に不備や不足があれば、その診療情報を残した医師や看護師に対し、修正を依頼したり、内容を確認したりする必要があります。

そのような業務において、医療者と診療情報管理士の間に上下関係はありません。

あくまで診療情報管理士はデータの専門家として、対等な立場で医療者に対して確認を行なったり、必要があれば指導を行うこともあります。

医療者と同じレベルで医療機関を支える専門家として、やりがいを持って働くことができます。

診療情報管理士の仕事内容

診療情報管理士の魅力

勤務時間が規則的

医療機関をしっかりと支える診療情報管理士の仕事ですが、業務上のやりがい以外にも、職業としての魅力もあります。

診療情報管理士の仕事は、医療機関内の情報管理が適切に行われているのかを確認し、必要時には内容の修正を行います。

これらの情報は基本的に診療時間内に更新され、診療情報管理士の手もとに届きます。

時間外の情報更新があった場合でも、緊急で情報の整合性を整える必要があることはほとんどなく、翌日分と合わせて対応することも可能です。

そのため、診療情報管理士の仕事において、残業が発生することはほとんどありません。

基本となる勤務時間内に業務を完了し、帰宅することができます。

そのため、勤務時間が変則的になることがなく、規則的な生活を送ることができます。

自分の裁量で業務を進められる

患者と直接接する医師や看護師、あるいは医療事務であれば、患者の都合に合わせて動かなければいけない部分が生じます。

その点、データを相手にする診療情報管理士の仕事は、基本的に自分のペースで進めていくことができます。

1日の業務量や、その日に終わらせなければいけない仕事内容は大体決まっていますが、逆にいえば、その日のうちに決まった業務を完了させることができれば、順序や進め方は問われないのです。

自分の業務においては、自分でスケジュールを立て、思うように進めていきたいタイプの人にとっては、魅力ある業務内容ということができるでしょう。

社会的立場が安定している

診療情報管理士は資格を持って医療機関で働く専門職ですから、その社会的立場は比較的安定しているということができます。

大規模病院であれば経営は安定していますし、病院経営に不可欠な業務ですから、院内の立場も危ぶまれることはありません。

また、公立病院に就職すれば、公務員に準じた身分・待遇となります。

そのため、福利厚生や年度ごとの昇給など、公務員と同等のメリットを受けることができます。

万一病院の経営状態が悪化したり、何かしらの理由で転職する際にも、資格があれば転職が有利になります。

診療情報管理士の仕事内容は病院が変わっても共通する部分がほとんどですので、それまでのキャリアも有効に働きます。

自分の知識とスキルを生かし、安定した社会的立場を獲得できるというポイントも、診療情報管理士の魅力の一つです。