社会福祉主事任用資格とは

任用資格とは

「社会福祉主事任用資格」とは、福祉事務所において「現業員(家庭訪問・面接・生活指導などの現業を行う所員のこと)」として任用される人に求められる資格のことをいいます。

資格には、「国家資格」「民間資格」「公的資格」などさまざまな種類のものがありますが、そのうち「任用資格」というのは、行政分野において、特定の職業や職位に任用されるための資格にあたります。

任用資格の特徴は、国家資格のように取得すれば職業・職位として認められるわけではなく、取得後に当該職務に任用されることで、初めて効力を発揮する点にあります。

わかりやすくいうと、たとえば医師免許を取得した人はすぐに「私は医師です」と名乗ることができますが、社会福祉主事の場合、社会福祉主事任用資格を得たうえで、都道府県の地方公務員試験を受けて採用され、福祉事務所に社会福祉主事として任命されることで、ようやく「私は社会福祉主事です」と公称することができるのです。

福祉事務所には必置義務がある

都道府県や市(特別区を含む)にある福祉事務所では、社会福祉主事を置くことが必須となっています。現業員として働く人や、その指揮監督を行う人は必ず社会福祉主事でなくてはなりません。

そのため、各自治体では一般的な事務職を行う職員以外に、「福祉職」といった別枠で社会福祉主事任用資格取得者を採用することが多くなっています。

福祉事務所で働く社会福祉主事は、主に生活保護に関する相談援助を担当します。

このように、基本的に社会福祉主事というと公務員として働く人のことをいいますが、民間の高齢者施設やデイサービスセンターなどにおいて相談員などとして働く場合にも、社会福祉主事任用資格の有資格者であることが採用要件として掲げられているケースもあります。

社会福祉主事は国家資格ではありませんが、社会福祉系の資格の中では最も歴史があるもののひとつとして認知されています。