精神保健福祉士になるには

国家資格が必要 「精神保健福祉士」を名乗って働くためには、精神保健福祉士国家試験に合格しなければなりません。 この試験は受験資格が必要となります。受験資格を得るための方法はさまざまですが、大きく分けて4つのルートがありま … 続きを読む

精神保健福祉士に向いている人、適性

思いやりの心と相手のニーズをとらえる力がある人 精神保健福祉士も、「ソーシャルワーカー」と呼ばれる仕事の一種です。 基本的には、障害者本人やその家族がよりよい生活を送れるよう、社会福祉の専門的知識を持ち、あらゆる視点から … 続きを読む

働きながら精神保健福祉士の資格を取るには

最短4年で受験可能 社会人として仕事をしながらや主婦の女性でも、通信教育制の福祉系大学を卒業して精神保健福祉士の資格を取得することができます。 がんばれば最短4年間で卒業することも可能です。 ただし、仕事や家庭を持ってい … 続きを読む

高卒で精神保健福祉士になるには

高卒や一般大学では最低5年以上必要 精神保健福祉士になるには、国家試験を受けて合格しなくてはなりません。 しかし、この国家試験を受けるには、まず所定の学校で学んだり、実務経験を得たりして受験資格を得る必要があります。 高 … 続きを読む

精神保健福祉士の実習

実習を通した学びが大切 精神保健福祉士になるために入る養成施設では、厚生労働省が定めたカリキュラムに沿って学習が行われています。 精神保健福祉士の場合、他の職業を目指すための医療系学校と同様に「実習」が実施され、これがと … 続きを読む

精神保健福祉士の需要と求人・採用募集状況

活躍の場はますます広がっている 「ストレス社会」といわれる現代において、精神保健福祉士の需要はますます大きなものになっています。 1990年代に入り、それまで精神障害者について問題となっていた「長期入院」や「社会的入院」 … 続きを読む

精神保健福祉士の資格

医療現場で大きな期待 精神保健福祉士になるためには、国家資格を取得する必要があります。 この資格については精神保健福祉法によって定められており、厚生労働省が実施する国家試験を受けて合格することで、初めて「精神保健福祉士」 … 続きを読む

精神保健福祉士国家試験の勉強方法

国家試験勉強のポイント 精神保健福祉士国家試験の専門科目は16科目となっており、数が多いことばかりでなく、出題範囲も大変広くなっています。 専門科目のなかからいくつかをピックアップして、出題の傾向やポイントをおさらいして … 続きを読む

精神保健福祉士の志望動機・例文

ポイントを絞った志望動機を 志望動機を考えるのは、簡単なようでなかなか頭を悩ませるものです。 早くから「この仕事に就きたい!」という思いが強いほど、子どものころからの思い出や、学生時代の経験を長々と書いてしまうかもしれま … 続きを読む

精神保健福祉士の面接

明るく自分をアピールしよう ソーシャルワーカーのなかでも、精神疾患という複雑なものを抱える患者さんと接する精神保健福祉士を採用するにあたって、病院側も面接をとても重視しています。 第一印象はもちろんのこと、自然な表情が出 … 続きを読む

精神保健福祉士に必要なこと

「傾聴」の姿勢 精神保健福祉士にとって最も大切といえるのが「傾聴」の姿勢です。 傾聴とは、人の考えや思いに対して耳を傾けることをいいます。相手は何を伝えたいのか、本当はどう考えているのか。それを理解し、適切なサポートをす … 続きを読む

精神保健福祉士の一般養成施設とは

養成施設とは何か 精神保健福祉士として働くためには、精神保健福祉士国家試験に合格する必要があります。 この国家試験は誰でもすぐに受けられるものではなく、まずは受験資格を得なくてはなりません。受験資格を得るためのルートはた … 続きを読む

アルバイト、パートの精神保健福祉士

アルバイトやパートでも働ける仕事 精神保健福祉士の雇用形態はさまざまであり、病院などの常勤スタッフとして働く人もいれば、アルバイトやパートという非常勤の形で働く人も決して少なくありません。 そのような求人を出している施設 … 続きを読む

精神保健福祉士への転職、未経験採用

国家資格があることが前提 精神保健福祉士は、国家資格を持って働く必要がある職業です。そのため、転職を考える際にも国家資格の有資格者であることが前提条件となります。 精神保健福祉士の活躍できる領域は、おもに医療領域と福祉領 … 続きを読む

仕事体験談