精神保健福祉士になるには

国家資格が必要 「精神保健福祉士」を名乗って働くためには、精神保健福祉士国家試験に合格しなければなりません。 この試験は受験資格が必要となります。受験資格を得るための方法はさまざまですが、大きく分けて4つのルートがありま … 続きを読む

精神保健福祉士に向いている人、適性

思いやりの心と相手のニーズをとらえる力がある人 精神保健福祉士も、「ソーシャルワーカー」と呼ばれる仕事の一種です。 基本的には、障害者本人やその家族がよりよい生活を送れるよう、社会福祉の専門的知識を持ち、あらゆる視点から … 続きを読む

働きながら精神保健福祉士の資格を取るには

最短4年で受験可能 社会人として仕事をしながらや主婦の女性でも、通信教育制の福祉系大学を卒業して精神保健福祉士の資格を取得することができます。 がんばれば最短4年間で卒業することも可能です。 ただし、仕事や家庭を持ってい … 続きを読む

高卒で精神保健福祉士になるには

高卒や一般大学では最低5年以上必要 精神保健福祉士になるには、国家試験を受けて合格しなくてはなりません。 しかし、この国家試験を受けるには、まず所定の学校で学んだり、実務経験を得たりして受験資格を得る必要があります。 高 … 続きを読む

精神保健福祉士国家試験の勉強方法

国家試験勉強のポイント 精神保健福祉士国家試験の専門科目は16科目となっており、数が多いことばかりでなく、出題範囲も大変広くなっています。 専門科目のなかからいくつかをピックアップして、出題の傾向やポイントをおさらいして … 続きを読む

精神保健福祉士に必要なこと

「傾聴」の姿勢 精神保健福祉士にとって最も大切といえるのが「傾聴」の姿勢です。 傾聴とは、人の考えや思いに対して耳を傾けることをいいます。相手は何を伝えたいのか、本当はどう考えているのか。それを理解し、適切なサポートをす … 続きを読む

精神保健福祉士の一般養成施設とは

養成施設とは何か 精神保健福祉士として働くためには、精神保健福祉士国家試験に合格する必要があります。 この国家試験は誰でもすぐに受けられるものではなく、まずは受験資格を得なくてはなりません。受験資格を得るためのルートはた … 続きを読む

仕事体験談