生活相談員のつらいこと、大変なこと、苦労

業務範囲が明確でないことも

単純に生活相談員といっても、その業務内容は明確に「ここからここまで」と定められているわけではありません。

基本的には、利用者の相談業務や施設の利用手続きといった事務が中心となりますが、実際には介護職員としての仕事を兼務したり、マネジメントにも携わったりと、勤務する施設の規模やその時々の人員の配置状況、また経験によっても異なるのが実情です。

とくに小規模の施設では、「何でも屋」として、施設の多岐にわたる仕事をこなすことも珍しくありません。

また、介護職員が複数いるのに対し、生活相談員は勤務時間中に自分一人だけということも珍しくないため、ときには孤独を感じたり、仕事量が多くて大変だと感じることもあるかもしれません。

介護サービスの需要は高まっていますが、日々の忙しさに追われてしまうと、自分が何を目指しているのか見失いがちです。

イキイキと働き続けるためには、たとえば「ゆくゆくはセンター長を目指す!」など、生活相談員をきっかけにどのようなキャリアを築いていきたいのか、どのようなスキルを身につけたいのかなど、将来の目標を設定することも大切だといえるでしょう。

気苦労も多い

生活相談員は、利用者本人やその家族と、その人たちをケアするスタッフとの「橋渡し役」として活躍します。

まさに縁の下の力持ち的な存在ですが、日々あちらこちらに気を遣わなくてはならないため、気苦労を感じることがあるかもしれません。

とくに、生活相談員の重要な業務のひとつである「相談業務」では、利用者や家族と直接話をします。

長く仕事をしていれば、利用者からクレームを直接受けたり、理不尽なことを言われたりすることもあるでしょう。

それでも簡単にくじけるわけにはいきません。

この仕事の基本は「コミュニケーション」です。精神的に疲れることもありますが、利用者と接するときはいつも笑顔でいる必要があります。