スクールカウンセラーとソーシャルワーカーの違い

子どもたちを支える二つの職業

スクールカウンセラーが相談室で生徒の相談にのる学校が全国的に増えてきましたが、学校によっては「スクールカウンセラー」と「スクールソーシャルワーカー」の二本柱の体制で生徒のサポートをしているところもあります。

どちらも「悩んでいる子どもの力になる」という意味では似ている仕事のように感じられるかもしれませんが、ふたつの職業には大きな違いがあります。

ここでは、その違いについて説明します。

「心の治療」と「環境の整備」

簡単にいうと、スクールカウンセラーは悩んでいる生徒の心のケアをするのが仕事ですが、ソーシャルワーカーは悩んでいる生徒の福祉面の環境を整えるサポートをするのが仕事です。

たとえば、ある学校に親からのネグレクト(育児放棄)が疑われる生徒がいるとします。

給食費の滞納、連絡物の未提出、子どもの元気のなさなどを心配した教師からの相談を受け、スクールカウンセラー、ソーシャルワーカーが問題解決に向けて動き始めます。

この際、スクールカウンセラーのメインの仕事は「子どもや保護者の話を聞いて本音を引き出しながら、心の問題を整理するのを手伝う」ということになります。

家庭でのトラブルや親子間の気持ちのすれ違いが発生している場合には、じっくり話を聞きながらその原因をさぐります。

一方、ソーシャルワーカーのメインの仕事は、「子どもや保護者の話を聞いて状況を整理しながら、場合によっては経済的な状況のことも踏まえた上で福祉の制度で利用できるものを一緒に考える」ということになります。

貧困家庭であれば生活保護を受けることをすすめたり、親が病気であればヘルパーに家事を手伝ってもらうことをすすめたりすることで、環境を整えることを手助けするのです。

どちらの仕事も子どもたちが健やかに成長するために欠かせないものですが、メインとなる仕事が違うので、どちらの職業をめざすかはよく検討したほうがよいでしょう。