臨床工学技士と臨床検査技師の違い

「臨床工学技士」と「臨床検査技師」。どちらも医療現場で活躍できる似た名前の職業ですが、仕事内容や役割には大きな違いがあります。

ここでは、両者の違いについて紹介します。

臨床検査技師とは

臨床検査技師は、病院などの医療機関において、医師の指示の下に患者さんの臨床検査を専門的に行う仕事です。

臨床検査技師が行う検査は、大きく「検体検査」と「生理機能検査」の2種類に分けることができ、それぞれ以下のようなものがあります。

検体検査

・尿検査
・生化学検査
・血液検査
・微生物検査
・免疫検査
・輸血検査
・病理検査

生理機能検査

・心電図検査
・呼吸機能検査
・脳波検査
・超音波(エコー)検査
・筋電図検査

上記のような検査は医師本人が行うこともありますが、時代とともに医療の専門化、分業化が進んでいるなか、高度な検査については臨床検査技師が担当するケースが多くなっています。

臨床工学技士は医師と連携を図りながら、患者さんが抱える病気の早期発見、早期治療のために力を発揮します。

臨床検査技師の仕事内容

臨床工学技士との違い

一方、臨床工学技士は医師の指示の下に、「人工心肺装置」「人工透析装置」といった生命維持管理装置の操作や保守点検を行う仕事です。

臨床検査技師と同様、おもに病院で働きますが、臨床工学技士は検査を行うわけではなく、いわば「医療機器のスペシャリスト」として活躍します。

このように、まず業務内容そのものに大きな違いがあります。

また、病院以外の就職先にも違いがあります。

臨床工学技士の場合、医療機器メーカーや機器を扱う商社、教育現場(養成校の講師)なども就職先のひとつとなっています。

臨床検査技師は、検査センター、医療系の分析器製造メーカー、製薬メーカーなどで働く人がいます。

臨床工学技士も臨床検査技師も、最近強くうたわれている「チーム医療」の一員であることに変わりはありません。

医師や看護師、他の医療職とチームを組み、患者さんの命や健康を守るために仕事をします。