ラジオパーソナリティになるには

ラジオパーソナリティになるための方法はいくつかありますが、ここでは一般的な4つの方法を紹介します。

1.アナウンサー養成学校や、放送系の専門学校に入る。
2.TV・ラジオ局のアナウンサーに就職する。
3.タレント事務所に所属する。
4.ラジオ局主催のオーディションに合格する。

1.アナウンサー養成学校や、放送系の専門学校に入る

養成学校で正しい発声方法などしっかり身に付けることで、オーディション等で合格する確率が増えます。また、講師等が局や制作サイドに斡旋してくれる可能性もあります。

2.ラジオ局に就職する

当然ですが、ラジオ局はラジオ番組を制作していますし、TV局も系列のラジオ局を持っています。番組の顔として抜擢されれば、パーソナリティとして活躍できます。多くの場合、情報番組やタレント番組の司会・進行となります。

3.タレント事務所に所属する

タレント事務所に所属した場合、事務所が各ラジオ局と強いバイプを持っているのであれば、仕事を紹介してくれる可能性があります。ただし、パーソナリティを志している旨を事務所に伝えておきましょう。

4.ラジオ局主催のオーディションに合格する

音楽に相当詳しい、勉強はしていないが相当喋りが面白い、等の理由でオーディションからパーソナリティになった人は多くいます。ただし、誰にも負けないような話術や専門知識がある事が前提でしょう。基本的にはフリーランスとなります。

ここに記したのは一般的な方法です。しかし、基本的にはフリーランスの場合も人脈が必要となりますし、ただ話が上手と言うだけでは長続きしません。

どの方法であっても、人柄が重要視されることが多いので最低限の常識は必要でしょう。

仕事体験談