レーサーになるには

まず運転免許証とレースライセンスが必要

レーサーになるため、まず必要となるライセンスが2つあります。

1つは、自動車運転免許証です。レーシングカートを除き、国内で行われる他のすべてのレースで必要になります。

もう1つが、JAFの発行する「レースライセンス」です。

「国内Bライセンス」と「国内Aライセンス」がありますが、「Bライセンス」で出場できるレースは限られています。「Aライセンス」を取得すれば、国内で行われるほとんどのレースに出場できます。

国内Aライセンスまでは、比較的簡単に取得できます。実際、多くのレーサーが取得して、レースを楽しんでいます。

しかし、そのほとんどが趣味として楽しんでいる人たちで、国内Aライセンスだけでは、プロとして十分な収入を得ながら活動するのは難しいです。

プロレーサーとして活動するには国際ライセンスも必要

プロのレーサーとは、一般に、レーシングチームとドライバー契約を結んだ選手のことをいいます。

そのなかでも、資金面でしっかりしたレーシングチームと契約しようと思えば、海外での大きなレースに出場して好成績を収めることが必要です。

海外でのレースに出場するには、国際ライセンスを取得しなければなりません。

まず、国内レースに出場して1年間に5回以上決勝で完走すれば、「国際Cライセンス」を取得する審査を受けられます。さらに、実績を積んで試験に合格すれば、国際B、国際Aライセンスが取得できます。

F1に参加できるのは、国際Aライセンスをもつレーサーの中でも、ほんの一部だけに与えられる「スーパーライセンス」をもつレーサーだけです。世界で50人前後といわれています。

レーサーになるための2つのルート

その一方、プロレーサーとして活動するには、レーシングチームとドライバー契約を結ぶ必要があります。

現在、日本でレーサーとして頭角を現し、ドライバー契約を結ぶには、つぎの2つのルートがよく知られています。

1つは、幼児〜小学生の間にレーシングカートを始め、そこで頭角を表してスポンサーを見つけ、カートレースへの参加費用などをサポートしてもらいながらステップアップしていく方法です。

もう1つは、レーシングスクールに入校して優秀な成績を収め、スカラーシップなどを得てレースに参加してステップアップしていく方法です。

幼児期からカートレースで経験を積んだ子どもが、高校卒業後、レーシングスクールを経てプロレーサーになる例もあります。

鈴鹿サーキットレーシングスクール

いずれにしても、F1のトップレーサーのように、世界的に有名なレーサーというのは、幼少期から競技用の車に親しんでいます。

子供のころからカートを乗り回し、10代からレースに参加して、経験を積んでいるのです。

基礎体力を身につける

レースでは車を走らせて競い合いますが、当然ながら車の性能だけで、勝負が決まるわけではありません。車を運転するドライバーの技量や、勝負勘によって大きく結果が変わるのです。

長時間のレースで集中力を切らさないためには、基礎体力が必要不可欠になります。たとえば、F1参加経験のある佐藤琢磨の場合、高校時代に自転車競技に参加して、インターハイで優勝したことがあるそうです。

オートレーサーになるには

日本国内で公営競技として開催されるオートレースは、国家資格を所有する人のみが参加できます。

資格を得て、オートレーサーになるには、2年に1回行われる養成所の入所試験に合格して、筑波サーキットに併設される養成所で訓練を受ける必要があります。

オートレース養成所入所の方法(JKA)

訓練期間は9ヵ月で、この間、正月の帰省以外に外出が許されず、外部との連絡も制限されて厳しく指導されます。卒業後、資格検定に合格すると、JKAの選手として登録されます。