マーチャンダイザーの仕事、業務内容

アパレルメーカなどで流通商品の企画や開発に携わる

マーチャンダイザーは、アパレルや流通・小売業界において、商品開発や販売計画、予算管理などを専門的に担当する職種です。

アパレルメーカーや百貨店、小売店がおもな勤務先となります。

マーチャンダイジング(merchandising)は日本語で「商品化計画」や「商品政策」といった意味を持ち、それを実行するマーチャンダイザー(merchandiser)は、アルファベットを略して「MD」と呼ばれることもよくあります。

ひとつの商品を開発するには、市場調査、売上動向の分析、開発計画立案…といったように、さまざまな工程を踏む必要があります。

商品を売り場に並べるまでの計画を、トータルに決定、管理していく責任者となるのがマーチャンダイザーです。

取引先との商談や、販売の現場に出向く機会も多い

マーチャンダイザーは、「ものづくり」の企画部分に携わるだけでなく、実際に生産が行われる際の納期管理、売上げの分析など、多岐にわたる業務をこなしています。

ときにバイヤーのように自ら商品を仕入れたり、開発した商品を世の中に広めるために、広告の制作や販売促進活動にまで携わることもあります。

基本的には本社での勤務となりますが、商品の生産地や仕入れ先へ直接出向いて現物を見ながら交渉を行ったり、各店舗を回ってお客さまの動きをチェックしたり販売スタッフに指示を出したりと、外出する機会も多くあります。

マーチャンダイザーに求められるもの

常に時代を先取りしながら新しい商品の展開を考えていくマーチャンダイザーには、時代の流れや消費者のニーズを素早く的確にとらえる力と、マーケティング・流通・販売に関する広い知識が必要とされます。

流行するものを生み出す「感性」や「センス」が求められる一方で、地道にデータを分析し、それに基づいて判断を下し、開発計画を立てていく論理的思考力も欠かせません。

また、社内であれば営業やデザイナー、販売スタッフ、社外であれば取引先など、たくさんの人と接しながら仕事を進めていくため、人間関係を上手に構築する力も重要です。

多様なスキルを駆使しながら、日々忙しく動き回っているのがマーチャンダイザーです。