メンタルトレーナーの資格

国家資格は存在しない

メンタルトレーナーとして働くうえで、特別に必要とされる資格はありません。

ただし、メンタルトレーニングは心理学をベースにした考え方で行うため、心理学の知識やカウンセリングなどの実践能力を高めておくことは、実際に現場に出るうえで必須といえるでしょう。

現状、心理系の職種に関する国家資格は存在しておらず、いくつもの心理系団体がそれぞれ認定する民間資格が乱立する状態となっています。

「メンタルトレーナー」としての資格も生まれていますが、それ以外にも心理カウンセリング系の資格はたくさんあります。

こうしたことから、業界内でも資格の有無というよりも、経験やスキルのほうが重視される傾向にはあるようです。

たくさんの民間資格がある

メンタルトレーナーの資格としては、以下のようなものがあります。

・スポーツメンタルトレーニング指導士(日本スポーツ心理学会)
・メンタルトレーナー2級(日本心理学アカデミー)
・メンタルトレーナー養成講座(H.Y.L. Academy)
・メンタルトレーナー資格(リコレクト・メンタルトレーナースクール)

上記は一例であり、このほかにもさまざまな民間団体が資格を認定しています。

そして、その大半の資格に関しては、取得のために各団体が開催する講座の受講が必須となっています。

同じメンタルトレーナーの資格といっても、講座の種類によって学べる内容や身につくスキルは異なり、学費や勉強期間なども異なるため、受講を検討する際にはよく比較して決定することをオススメします。

より専門性を高めたいのなら

現在の日本において、心理系の資格のうち最も認知度が高く、社会的な評価もあるといわれるのが「臨床心理士」です。

臨床心理士の仕事

臨床心理士は国家資格ではないものの、取得のためには特定の大学院に進学する必要があるなど、他の心理系資格に比べてハードルが高くなっています。

もちろん、メンタルトレーニングとして働くうえで臨床心理士の資格も必須ではありませんが、スポーツ選手のメンタルトレーナーになる場合など専門性の高い人が求められるケースもあるようです。

ただし、臨床心理士は心理学分野でのアカデミックな要素が強く、現場でメンタルトレーニングを実践するには不十分という意見もあるようです。

もし臨床心理士の資格を取得したとしても、さらにメンタルトレーナーを養成するための養成講座を受けることまで検討する必要があるかもしれません。