公認会計士の転職事情

公認会計士に転職するには

社会人として働きながら、公認会計士になることをめざして勉強している人たちはたくさんいます。民間の専門学校では社会人向けの夜間コースや通信コースがあり、こうしたカリキュラムで勉強しながら合格をめざしているのです。

公認会計士の試験は難関なので、働きながら試験の合格をめざすことは簡単ではありません。そこで、試験の制度をうまく利用することがポイントになります。

公認会計士の試験では、一度に全科目合格しなくても、一定の成績を得た科目について2年間試験が免除されるという制度があります。この制度を利用して、計画的に受験することで合格を勝ち取っている社会人もいます。

また、上場会社での会計や監査の実務経験が7年以上ある場合、筆記試験の一部が免除される制度もあります。企業で会計や監査の仕事をしてきた人が公認会計士への転職をめざす場合は、こうした制度を有効に使うことで、より合格の可能性を高めることができるでしょう。

公認会計士から転職するには

公認会計士として働いてきた人が、監査法人やコンサルティング会社を辞めて新しい仕事に就きたいと考えることもあります。この場合、一般企業の社員として再就職し、数字に強いことを武器にできるような仕事をすることが多いようです。

どんな企業でも、経理部や総務部には必ず予算や決算についての業務がありますから、こうした職場での活躍の機会が望めます。

また、転職というわけではありませんが、公認会計士の資格をもちながらも、税理士としての仕事だけを行う人もいます。

公認会計士の資格を取得すると、同時に税理士としての道も開けます。税理士会に登録さえすれば、税理士として働けるようになるのです。

この制度を活かして、公認会計士が税理士事務所を設立することがあります。地方では税務に関する業務のほうが顧客を見つけやすい場合もあり、次第に税務専門の業務にシフトしていくことがあるようです。