国会議員の学歴、大学、学部

やっぱり国会議員は東大卒?

国会議員には、東大や有名私大など、いわゆる「いい大学」を出ていなければ就けない仕事というイメージがあります。

たしかに、現役議員の最終学歴を見ると、議員全体に占める東大や有名私大出身者の割合は高いようです。

これは国会議員の出身に、「官僚」が多いことも影響しているでしょう。官僚は、その多くが難関大学出身者であるからです。

官僚の仕事

しかし、そもそも国会議員は学歴、経歴不問の職業ですから、これら以外の大学卒業生や最終学歴が高卒である議員も大勢活躍しています。

どんな学部に進むべきか

学歴不問の国会議員ですが、大学に進むとしたら、議員の仕事と関りのある法学部や政治経済学部などで学ぶといいでしょう。

じっさい、国会議員には、これらの学部出身者が目立ちます。

国会議員の重要な仕事の一つが法律をつくることですし、政治は法律に従って進むものです。政治と法律は、分かちがたい関係にあるわけです。

そのため法学部では、大学にもよりますが、法学を核にして、政治学も学びます。

学部生は、法律の基礎を踏まえ、どうすればこれを適切に運用できるか、より良い政治の実現につなげられるかを考えていくことになります。

一方、政治経済学部では、政治と経済を深く結びついた社会の両輪として考え、両方を学びます。

政治学を通じ、多様な視点で課題を見つめ、解決策を見出す方法論を身に付け、経済学からは経済活動を多角的にとらえ、社会の動きを把握する力を得ていきます。

こんな選択肢も

上記2つの学部に加え、検討してみたいのが総合政策学部、国際政治経済学部や国際関係学科などの国際系の学部・学科、そして留学です。

まず、総合政策学は、特定の分野にこだわらず、社会が直面する問題を取り上げ、解決手法を探り出す学問です。

これからの国会議員には、さまざまな事柄が複雑に絡んだ問題を解決していかなければなりません。総合政策学部で問題解決力を磨けば、議員の仕事に大いに生かせるでしょう。

また、国際系の学部・学科では、各国の政治・経済・文化、国同士の関係を踏まえながら国際社会が抱える問題の解決策を分析・研究します。

ますます国際化が進み、多様な国々との交流が増える日本。複雑な国家間の関係の中で、各国の利害に思いを巡らせながら、日本はどう課題に対応すべきかを考えなければなりません。

国際系学部・学科なら、グローバル社会の国会議員に必要な問題解決力を深められそうです。

そして最後に、留学も選択肢に入れたいところです。欧米の大学、大学院で国際関係学や経営学を学び、活躍している現役の国会議員は珍しくありません。

留学を通じ、他国の政治経済情勢、文化を肌で知れば、国際問題を幅広い視野で見つめやすくなるでしょう。