鑑識官になるには

鑑識とは?

「鑑識」とは、犯行現場において指紋や足跡、髪の毛など捜査の手掛かりとなるさまざまな証拠を集め、被疑者を推定したり、犯行状況を明らかにしていく仕事です。

殺人事件では被害者がすでに死亡しているため、目撃情報を聞き出すことが難しくなります。

そこで、鑑識官は現場に残されたものなどから、捜査のカギとなる重要な証拠を見つけていくのです。

鑑識が集めたさまざまな手がかりのうち、科学的な分析が必要になるものは、警察本部の「科学捜査研究所」で分析されます。

「刑事部門」への所属が一般的

鑑識の仕事をする警察官たちは、一般的に各都道府県警察本部の「刑事警察」部門内にある「鑑識課」に所属しています。

テレビドラマなどでおなじみの警察犬も、ここに所属しています。

鑑識の基礎技術は、刑事として働く人全員が身につけており、日常的に発生する空き巣のような事件の場合は、現場に駆け付けた刑事が指紋の採取などを行うことが一般的です。

鑑識課に所属する警察官が活躍するのは、高度な鑑識技術を必要とするケースが中心となります。

鑑識官自らが現場に出向くこともあれば、研究所に常駐して本持ち込まれた資料の分析を行うこともあります。

鑑識官になるには

鑑識官といっても警察官の一人ですから、まずは警察官採用試験を受けて、警察官として採用されることが必要です。

その後、刑事部門に配属され、刑事としての経験を積む必要があります。

普通、新人警察官がいきなり刑事の仕事を任されることはなく、任用試験を受けて合格した人や、人事異動で鑑識課に配属された人のみが鑑識官の研修を受け、鑑識官として活躍できるようになります。

ただし、都道府県によって鑑識員の任命方法は異なるため、詳しくは就職を希望する都道府県警察に問い合わせてください。

誰もが鑑識官になれるわけではありませんが、日々の業務や訓練を人一倍頑張り「刑事や鑑識官になりたい」と強くアピールすることで、少しずつ道が開けていくはずです。