歌手の大変なこと、苦労

曲を生み出す作業は苦難の連続

歌手として一番の苦しみは、曲を生み出す作業です。

自分で作詞作曲まで手がけている場合は、1曲を作る作業に数週間〜数ヶ月かかることもあります。

その間、事務所やレコード会社からはプレッシャーとなる催促があり、精神的にも苦しい日が続きます。

また、レコーディングともなると、完成度の高い曲を作るために何度も録り直しをすることになります。

この間、プロデューサーに怒られることもありますし、満足の行くものができずにジレンマを感じることも多くなります。

レコーディング作業は、歌手にとって非常にストレスの溜まる作業だといわれています。

マナーの悪いファンがいる

歌手にとってファンは大切ですが、中には歌手の生活を追っかけて付きまとうようなファンもいます。執拗にコンタクトを取ろうとしたり、住所や連絡先を調べようとしたり…。

マナーの悪いファンになると、自宅まで押しかける人もいるようです。こういったファンの存在が苦痛になり、ファンとの交流を制限する歌手もいます。

プライベートがない

プロの歌手として有名になると、恋愛、結婚、ちょっとしたトラブルなどがすぐにニュースになってしまいます。フリーの記者やカメラマンに付きまとわれてプライベートがないと感じることもあります。

また、どこに行くにも他人の目がついてきますから、自由に買い物にも行けません。住む場所や遊びに行く場所も制限されてしまいます。

ローンが組みにくい

歌手は人気商売のため、信用問題が発生するローンなどは組みにくい傾向があります。

そのため、マンションや車も基本的には現金購入。もしくは、事務所の社長などに保証人になってもらう必要があります。

同様の理由で実績のある歌手以外は、クレジットカードも作りにくいといわれています。