官僚の仕事内容

予算案を作り、さまざまな国の仕事を進める

日本の政治は、

・国の権力を法律で定める「立法権(国会)」
・法律に基づいて政治を進めていく「行政権(内閣)」

法律違反を罰する「司法権(裁判所)」の「三権分立」という仕組みで成り立っています。

このうち、行政権を持つ内閣は、国会で選ばれた内閣総理大臣と複数の国務大臣で構成されており、これらのメンバーが集まる「閣議」で決められた方針に基づき、国務大臣は各省庁に指示を出し、国の政治を進めていきます。

そうした各省庁で働いているのが、官僚です。

官僚は、国民が収めた税金の使い道を計画する「予算案」を作って国会に提出したり、国会で決められた法律や予算に基づいて、国のさまざまな仕事を進める役割を担っています。

簡単にいうと、「選挙」で選ばれた政治家たちが、国民の代表として集まって法律を決める国会に対し、決められた法律に従って実務を行うのが官僚の仕事となります。

具体的な仕事内容

官僚の具体的な仕事内容は、以下の通りです。

法案の作成

各局の総務課長、審議官などを中心に、法律の立案を行います。

予算案の作成

内閣府で基本方針が立てられた予算に対し、財務省主計局が各省庁の予算の細部について審査し、国会の議決を得ます。

人事

各省庁の事務次官などは、国家公務員の人事を担当します。

指揮・監督・許認可

重要案件の指揮・監督・許認可を行ないます。

政策の企画・施策

法案、予算、監督・指揮・許認可の政策の企画・施策および、各省庁との調整役などを担当します。

省庁によって仕事内容は異なる

官僚は、いわゆる「5大省庁(財務省、外務省、経済産業省、警察庁、総務省自治分野)」をはじめ、金融庁、防衛省、厚生労働省などの各省庁で勤務しています。

官僚の大きな役割は、先に述べた通り、決められた法律に従って実際に仕事を進めていくことですが、国の予算作りや税制の企画立案などを行う財務省、国民の健康や食の安全などを管理する厚生労働省など、勤務先によって担当する業務は大きく異なっています。