管理栄養士国家試験の難易度、合格率

管理栄養士の難易度

試験の概要

管理栄養士の資格を取得するためには、管理栄養士国家試験に合格することが必要です。管理栄養士の国家試験は年に1回、毎年3月中旬ごろに実施されます。

管理栄養士になるには

試験は午前の部105問、午後の部95問、計200問で構成されており、受験科目は「社会・環境と健康」「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、」「食べ物と健康」「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」の9科目となっています。

既卒者の合格率は低め

厚生労働省が発表する情報によると、平成27年度の合格率は、管理栄養士養成課程(新卒)が85.1%、管理栄養士養成課程(既卒)が5.4%、栄養士養成課程(既卒)が9.2%、全体では44.7%です。

新卒生の合格率が90%前後であるのに対して、既卒生の合格率はそれよりもずっと低い状況にあります。

なぜ、新卒者と既卒者の間で、これほど合格率に差があるのでしょうか?

それは、新卒者は学校で国家試験対策講座を受けて受験するからです。一方の既卒の場合、仕事をしながら勉強をし、受験に臨む人が多いため、合格率がさほど上がらない状況にあります。

栄養士養成過程からの国家試験受験

管理栄養士ではなく、栄養士養成過程に進んだ場合も、のちに管理栄養士の国家試験を受けることは可能です。

しかし、栄養士養成課程の場合、実務経験が必要となるのが管理栄養士養成課程に進んだ人との違いです。

定められた期間(1~3年。学校の修業年限が2年の場合は3年以上)、学校や病院等施設、食品の製造、栄養に関する行政機関等で働いた後でなければ、国家試験の受験資格が得られません。

早く管理栄養士の国家資格を得たい人は管理栄養士養成施設、現場を経験してからという人は栄養士養成施設に進むケースが多いです。

ただし、管理栄養士は「栄養指導ができる」点が栄養士との大きな違いであり、より複雑で困難なケースの指導も行えること、また栄養士養成課程卒業者の国家試験合格率があまり高くないことなどから、はじめから管理栄養士養成施設に進む人も増えているようです。