芸能マネージャーへの転職

人の入れ替わりが激しい

芸能マネージャーは、入れ替わりが非常に激しい職業だと言われています。多忙な日々に耐えられず、すぐに会社を辞めてしまう人が多いというのがその主な理由のようです。

そのため、芸能プロダクションやタレント事務所は小規模の会社が多い割にマネージャーの求人情報を出す機会が多く、芸能マネージャーに転職するチャンスは大いにあると言えるでしょう。

転職希望者に求められること

会社にもよりますが、学歴不問で異業種からの転職でもまったく問題ないということも多いです。

芸能マネージャーには、一般常識や細やかな気配り、臨機応変な対応ができることが求められるため、むしろ社会人経験があることがプラスに捉えられることもあります。

実際に、営業や販売、広報等の仕事をしていた人が、マネージャーになるというケースもよくあるようです。

しかし、異業種からの転職であればなおさら、「なぜこの世界に入りたいのか?」「マネージャーとしてどうなりたいのか?」といったことが強く聞かれるでしょう。

誰でも活躍できるチャンス

芸能マネージャーは、学歴や経験よりも、意欲や熱意が重視される仕事です。そのため、どんな人でも「芸能マネージャーになりたい!」という気持ちさえあれば、いつでもこの世界に飛び込むことが可能です。

実力主義なので簡単な仕事ではありませんし、辞めてしまう人も多いほど激務であるという覚悟は必要です。しかし、未経験や異業種からのスタートでも、自分次第で大物芸能人をサポートできるチャンスを掴むことができるでしょう。