芸能マネージャーになるには? 【資格・学歴不要!誰にでもチャンスあり】

芸能マネージャーになるには、芸能事務所・芸能プロダクションなどで働くことになります。

人気の大手事務所では一般企業のように新卒採用や中途採用を行っています。

契約社員やアルバイト、派遣社員など非正規雇用から芸能マネージャーのキャリアをスタートさせることも。

芸能マネージャーになるには学歴・資格などは問われず、自らの実力次第で独立も可能な仕事です。

この記事では、芸能マネージャーになる方法を解説しています。

芸能マネージャーになるには?【芸能事務所で働く】

芸能マネージャー_画像
芸能マネージャーになるには、まずは芸能プロダクションやタレント事務所などの採用試験に合格してキャリアをスタートさせるのが一般的です。

契約社員やアルバイトとして働いてから、正社員雇用として雇用されることもあります。

この章では、芸能マネージャーになる方法について詳しく解説します。

芸能プロダクション等に入社する【アルバイト・契約社員からスタートも】

芸能マネージャーのほとんどは、芸能プロダクションやタレント事務所で働いていますから、まずはこういった企業の求人に応募するのが第一歩です。

芸能プロダクションやタレント事務所で働くには以下のような方法があります。

✅ 芸能マネージャーになる方法の例

  • 大手芸能事務所で新卒採用や中途採用で入社する
  • 契約社員を経て正社員登用される
  • アルバイトで芸能事務所の仕事を経験してから中途採用に応募する

男性タレントならジャニーズ事務所、芸人なら吉本興業、といったように事務所によって所属する芸能人の強みが異なります。

芸能マネージャーとしてどのような方向性の芸能人を担当したいのかによって目指す芸能事務所が異なるといえます。

芸能界は流行や景気に左右されやすい不安定な業界なので、芸能マネージャーは契約社員や派遣社員といった非正規雇用で働いている人も多いです。

芸能プロダクションの規模別に、芸能マネージャーになる方法を詳しく見てみましょう。

大手芸能プロダクションで芸能マネージャーになるには

大手の芸能事務所であれば、一般企業のように新卒採用・中途採用を行っています。大卒以上の学歴が必須のことも多いです。

ジャニーズ事務所やワタナベエンターテインメントといった人気アイドルやタレントを抱える大手事務所は人気が高く、入社するのは狭き門となっています。

芸能マネージャーになるには、人間性、コミュニケーション能力といった学歴以外も面接で重視されます。

大手芸能事務所で働くメリットは、一般企業並みの給与や福利厚生が整っていて比較的安定して働くことができる点にあります。

中小規模の芸能プロダクションんで芸能マネージャーになるには

中小規模の事務所ではアルバイトや契約社員から下積みをスタートすることも多いです。半年ほど働いて実績ができ適性が認められれば正社員として採用されます。

芸能マネージャーは生活が不規則になったり希望通りに有給休暇などを取得しにくいといった理由で離職率が高い職業ですから、正社員登用する前に適性を見極めるために試用期間を設けているのです。

個人事務所などでは、休日出勤の手当てがつかない、福利厚生がないなど長く働ける環境ではないこともあります。

未経験から芸能マネージャーを目指すのであれば、就職先選びは特に慎重に行いましょう。

芸能マネージャーは資格・学歴は基本的に不要【誰にでもチャンスあり】

芸能マネージャーになるために必須の資格は特にありません。

業務の中で担当している芸能人を車で送迎をする機会があることから、自動車の運転免許が必須とされていることがあります。

なお、事務所によっては運転手が別につくので免許不要のこともあります。

大手では大卒以上を条件としているところもありますが、学歴不問で求人を出している芸能事務所も多いです。

芸能マネージャーになるチャンスは誰にでもあるといえます。

芸能マネージャーになるために重視されること

少し古めかしい言い方ですが、芸能マネージャーの仕事では「やる気」「根性」が求められる場面も多々あるため、体育会系出身者が好まれるという声もあります。

逆に、もし学歴が不足していても、適性や熱意が認められれば採用してもらえるケースもあるようです。

芸能界は上下関係など厳しい面もありますし、芸能マネージャーの仕事は忙しく不規則な生活にもなりがちなため、採用試験の際には本当にこの世界に入る覚悟を持っているのかどうかが強く問われます。

芸能マネージャーになるのに有利な大学・学部・専門学校は?

芸能マネージャーになるには、先ほども述べた通り学歴や資格は必須ではないため、入社にあたって学部を問われることはありません。

ただし、メディアやマスコミ、エンターテイメントに関する分野を中心に学べる学校を選ぶことで、芸能界についてより深く理解したうえで芸能マネージャーになることができます。

✅ 芸能マネージャーを目指す人の学校の例

  • 一般の高校や専門学校、大学を経て芸能プロダクションやタレント事務所の入社試験を受ける
  • マネージャー養成コースのある専門学校やスクールで学び、芸能マネージャーを目指す

マネージャー養成コースのある学校の中には、プロダクション等とのコネクションが強く就職先を積極的に紹介してくれることもあるようです。

しかし、芸能マネージャーになるには、最終的にはやはり自分自身の熱意や意欲が必要となります。

人間性やコミュニケーション能力がものをいう部分が大きい仕事なので、たとえ中卒や高卒の学歴であっても、適性さえあれば活躍することは可能でしょう。

芸能マネージャーになるためにはどんな学校にいけばいい?(大学・専門学校)

芸能マネージャーに年齢制限はない

芸能マネージャーを目指すにあたって、年齢制限は特にありません。

新卒採用の場合、高卒や短大卒の若手でも採用されることはありますし、中途採用の場合、他業界で働いていた30~40代の社員を採用することも珍しくありません。

マネージメントという業務の性質上、社会人経験があって一般常識やマナーが身についている人のほうがミスなく仕事をこなすことができるので、年齢にはこだわらずに採用しているケースが多いと考えられます。

芸能マネージャーに向いている人の特徴3つ

芸能マネージャーに向いている人
  • 熱意と根性がありメンタルが強い人
  • コミュニケーション能力が高く人から好かれる人
  • マネジメント能力があり人の力を引き出せる人

この章では、芸能マネージャーは向き・不向きが大きい仕事であるといえます。この章では、芸能マネージャーの適性について紹介します。

芸能マネージャーに向いている人・適性・必要なスキル

熱意と根性がありメンタルが強い人

芸能マネージャーに向いているのは、他人を楽しませたいという強い思いがある人です。

芸能マネージャーが直接、視聴者や観客と接することはあまり多くありませんが、担当している芸能人の仕事をサポートするうえでは「芸能の世界を通して人を楽しませ人に夢や感動を与えたい」という気持ちを持っていることが大切です。

芸能マネージャーは担当している芸能人のスケジュールに合わせるので、激務となる人も多く人並み以上の体力・メンタルの強さが必要な場面もあります。

時に担当芸能人をかばって謝罪をする場面もあるかもしれません。このようなシーンでもめげずに強い思いをもって仕事に取り組めることが芸能マネージャーとしての資質といえます。

コミュニケーション能力が高く人から好かれる人

芸能マネージャーの仕事はコミュニケーション能力が必須です。

✅ 芸能マネージャーの仕事の例

  • 担当芸能人が最高のパフォーマンスができる環境を整える
  • テレビ局出版社などのメディアと交渉して仕事を獲得する
  • 担当芸能人のギャラの交渉をする

芸能マネージャーというと、飲み物などの差し入れを買ってくる仕事を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

芸能マネージャーの大切な仕事が、担当芸能人が活躍できるように環境を整えてあげること。相手が望んでいることを読み取れるコミュニケーション能力が必須です。

担当する芸能人を選べるとは限らないので、どんな人ともうまくやっていける対人能力も問われます。

仕事の獲得のために多くの関係者との間に入って調整することも。多くの人と関わり、人脈を築いて仕事につなげていく能力がある人が芸能マネージャーとして活躍できるでしょう。

マネジメント能力があり人の力を引き出せる人

芸能マネージャーは担当芸能人のマネジメントが仕事なので、以下のような仕事もあります。

✅芸能マネージャーの仕事の例

  • 担当芸能人の健康管理やスケジュール管理
  • 担当芸能人の売り出し方・イメージ戦略を考える
  • 担当芸能人のSNSの管理

担当する芸能人が売れるかは、マネージャーの手腕にかかっているとも言えます。

売れっ子芸能人はほんの一握り。どうすれば担当する芸能人の個性が光るのかを見極めてマネジメントできれば、敏腕マネージャーとして活躍できます。

芸能マネージャーのキャリアプラン・給与は?


芸能マネージャーを目指す人が知りたい、キャリアプランや給与について解説します。

芸能マネージャーのキャリア【独立も可能】

芸能マネージャーのキャリアは人それぞれですが、一例として新卒で芸能プロダクションに入社した場合のキャリアを見てみましょう。

✅芸能マネージャーのキャリアの例

  1. 新卒で入社し、先輩マネージャーのアシスタントにつく
  2. 新人の芸能人を複数人担当する
  3. 実力が認められ、人気芸能人を担当する
  4. 芸能事務所を立ち上げて独立

担当芸能人が新人のうちは仕事量もそれほど多くないですが、彼らが成功できるかどうかはマネージャーの手腕にかかっているともいえるため、必死で仕事をこなす毎日が続くでしょう。

マネージャーのなかには、買い出しなど雑用ばかりこなさなければならないような時期を経験している人もいます。

経験を積んでマネージャーとしての実力が評価され始めると、徐々に人気芸能人を担当したり、担当芸能人の数が増えていくというのが一般的な流れとなっています。

芸能マネージャーは実力主義なので、自身の手腕次第では独立も可能です。独立は芸能マネージャーのキャリアのゴールの一つともいえるでしょう。

芸能マネージャーの給与【給料よりもやりがいを求める人向け】

✅ 芸能マネージャーの給与

  • 芸能マネージャーの平均給与は300万円~400万円で高くはない
  • 中小規模、個人経営の事務所では月の手取りが10~15万円ということも
  • 担当していた芸能人が売れるなど実力次第で給与UP

芸能マネージャーの平均給与は一般的な企業と比べても決して高くはありませんし、業務量は多いです。

実力主義の世界なので、担当する芸能人に人気が出ればその分給与に反映されていきます。

大手芸能事務所であれば、初任給は20万円前後でボーナスや福利厚生が整っていますが、中小規模・個人経営の芸能事務所では手取り月収が10~15万円、手当などが付かないこともあります。

芸能マネージャーの給与は高くはありませんが、担当していた芸能人が売れるようになったときの喜びや、クリエイティブなメディア業界の一員として働ける面白さといったやりがいの大きな仕事です。

芸能人のマネージャーになるには|まとめ

芸能人のマネージャーになるには、芸能事務所で働き実績を積むのが一般的です。

芸能マネージャーに必須の資格や学歴などはないので、誰にでもチャンスがある職業ですし、実力次第では独立も可能です。

華やかな芸能業界にかかわれる仕事ではある一方で、仕事量の割に給与・待遇が伴っていないこともあるようです。

しかし、自分が手掛けた芸能人がスターになる、というやりがい・喜びの大きい仕事でもあります。

まずは、契約社員やアルバイトなどから業界のことを知り、適性があると思ったら思い切って中途採用に応募する、という道もあるでしょう。