芸能マネージャーになるには

芸能マネージャーになるには

芸能マネージャーのほとんどは、芸能プロダクションやタレント事務所で働いています。

そのため、芸能マネージャーを目指すのであれば、まずはこのような企業の採用試験を受けて入社することが第一になります。

芸能界は上下関係など厳しい面もありますし、芸能マネージャーの仕事は忙しく不規則な生活にもなりがちなため、採用試験の際には本当にこの世界に入る覚悟を持っているのかどうかが強く問われます。

少し古めかしい言い方ですが、芸能マネージャーの仕事では「やる気」や「根性」が求められる場面も多々あるため、体育会系出身者が好まれるという声もあります。

逆に、もし学歴が不足していても、適性や熱意が認められれば採用してもらえるケースもあるようです。

芸能マネージャーの資格・難易度

芸能マネージャーとして働くうえで特に必要とされる資格はありませんが、業務の中で担当している芸能人を車で送迎をする機会があることから、自動車の運転免許が必須とされていることがあります。

学歴に関しては一切問われないこともあれば、大手では大卒以上を条件としているところもあるなど、採用条件は各社によってまちまちです。

ただし、全体的に学歴や勉強の能力よりも、意欲や熱意、行動力などが重視されることのほうが多い傾向があります。

芸能マネージャーになるための学校の種類

芸能マネージャーになるためには、さまざまな学校で学ぶ方法があります。

たとえば、一般の高校や専門学校、大学を経て芸能プロダクションやタレント事務所の入社試験を受けるルートのほか、マネージャー養成コースのある専門学校やスクールで学び、芸能マネージャーを目指すという方法もあります。

このような学校の中には、プロダクション等とのコネクションが強く就職先を積極的に紹介してくれることもあるようですが、最終的にはやはり自分自身の熱意や意欲が必要となります。

この仕事は人間性やコミュニケーション能力がものをいう部分が大きいので、極端にいえば、たとえ中卒や高卒の学歴であっても、適性さえあれば活躍することは可能でしょう。

芸能マネージャーになるためにはどんな学校にいけばいい?(大学・専門学校)

芸能マネージャーに向いている人

芸能マネージャーに向いているのは、他人を楽しませたいという思いがある人です。

芸能マネージャーが直接、視聴者や観客と接することはあまり多くありませんが、担当している芸能人の仕事をサポートするうえでは「芸能の世界を通して人を楽しませ人に夢や感動を与えたい」という気持ちを持っていることが大切です。

また、テレビや映画、舞台、音楽などの現場で働くことになるので、エンターテインメント全般が好きなほうが適任でしょう。

芸能マネージャーに向いている人・適性・必要なスキル

芸能マネージャーのキャリアプラン・キャリアパス

芸能プロダクション入社後は、先輩マネージャーのアシスタントに付いたり、新人の芸能人を担当したりしながら仕事を覚えていきます。

担当芸能人が新人のうちは仕事量もそれほど多くないですが、彼らが成功できるかどうかはマネージャーの手腕にかかっているともいえるため、必死で仕事をこなす毎日が続くでしょう。

マネージャーのなかには、買い出しなど雑用ばかりこなさなければならないような時期を経験している人もいます。

経験を積んでマネージャーとしての実力が評価され始めると、徐々に人気芸能人を担当したり、担当芸能人の数が増えていくというのが一般的な流れとなっています。

芸能マネージャーを目指せる年齢は?

芸能マネージャーを目指すにあたって、年齢制限というのは特にありません。

新卒採用の場合、高卒や短大卒の若手でも採用されることはありますし、中途採用の場合、他業界で働いていた30~40代の社員を採用することは珍しくないのです。

マネージメントという業務の性質上、社会人経験があって一般常識やマナーが身についている人のほうがミスなく仕事をこなすことができるので、年齢にはこだわらずに採用しているケースが多いと考えられます。