芸能マネージャーの勤務時間・休日・仕事は激務?

芸能マネージャーの勤務時間

芸能マネージャーの勤務時間は基本的には10時〜19時、実働8時間程度で設定されていることが多いです。

しかし、芸能人のテレビ収録やイベント出演等、その日のスケジュールに応じて動かなければならないため、裁量労働制を採用している会社も多いです。

担当する芸能人の仕事に合わせてマネージメントを行うことになるので、日々働く時間が異なることも珍しくありません。

業界全体としては早朝よりも午後や夕方以降に仕事が入ることが多く、夜型の生活になりがちです。

また、担当する芸能人の数や仕事量が多くなると残業も増えがちで、深夜まで働く人も多いです。

売れっ子を担当することになれば、大きなやりがいを得られるのと同時に、非常に忙しい毎日が続くことを覚悟したほうがおいでしょう。

芸能マネージャーの休日

大手の芸能プロダクションの場合は週休2日制の土日祝日休みということもありますが、この休日が毎週確実に守られているところは決して多くはないでしょう。

週末に担当芸能人の仕事が入ればもちろんマネージャーも働かなければいけませんし、休日を使って業界内のイベントに顔を出したり、接待をしたりするケースもあるようです。

マネージャーが芸能人を車で送り迎えまで行う、いわゆる「付き人」の仕事まで行っているプロダクションや事務所で働く場合は、特に休みが少なくなる傾向があります。

有給休暇などの制度に関しても、取得状況は会社によってだいぶ異なるようですので、事前にできるだけ確認しておいたほうがよいでしょう。

一般的に少人数で回している会社では、連休はとりづらい傾向にあるようです。

芸能マネージャーの残業時間

芸能マネージャーは、基本的に担当する芸能人より早く現場に出て、遅く帰ることになります。

また、芸能人の場合は車や電車での移動中などに仮眠をとったり食事休憩をとったりすることもできますが、マネージャーはそうもいきません。

自分が車を運転しなければいけないときは一瞬たりとも気を抜くことができませんし、電車や飛行機での移動の際も時間を見つけてはメールや電話でスケジュールの確認を行います。

芸能人の仕事が終わった後、自分は事務所に帰って雑務をこなさなれけばならないということもあります。

こうした事情から、必然的に芸能マネージャーは残業が多くなってしまうのです。

芸能マネージャーは忙しい?激務?

芸能プロダクションやタレント事務所によってマネージャーの働き方は異なりますが、全体的にこの職業は激務だといわれています。

自分が担当する芸能人が売れっ子になればなるほど仕事の依頼は殺到し、必然的にマネージャーの仕事量も増えていきます。

特に何人もの芸能人を抱えるマネージャーの場合、毎日深夜まで仕事をしたり、休日返上になったりすることもあります。

現場に付いていくだけでなく、デスクワークもこなさなければならないため、常に手一杯の状態が続きます。

芸能人の人気が上がったときや、夢に一歩近付いたときは大きな達成感を感じられますが、本当に仕事が好きでなければ続けていくのは難しいでしょう。

芸能マネージャーの休日の過ごし方

売れっ子の芸能人を担当している場合は朝から晩まで働きっぱなしということもあります。

それだけ多忙な毎日を乗り切るためには、もともと体力があることはもちろんですが、スキマ時間を使って上手に息抜きができるようになることも大事です。

SNSを活用したり、好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べたりして短い時間で思いきりリフレッシュするのです。

貴重な休日にはスポーツジムに行って思いきり身体を動かしたり、趣味に没頭したりして過ごすのもよいでしょう。

芸能マネージャーの一日・生活スタイル