芸能マネージャーのつらいこと・大変なこと・苦労

芸能マネージャーのつらいこと・大変なこと

人気を出すために

芸能マネージャーは、自分が担当する芸能人の人気がどうやったら上がるのかをいつも考えています。

競争の厳しい芸能界で売れるのは決して簡単なことではなく、何年たってもなかなか芽が出ないときは責任を感じ、落ち込むこともあります。

しかし、すぐに結果が出なくても諦めず、何とかして売れるように考え、行動し続けることが芸能マネージャーに求められる役割です。

しっかりと戦略を練った上で、外に出て関係者に売り込み仕事を見つけてくるというように、頭も体力も必要とされる大変な仕事です。

それと同時に、芸能人が自信をなくして「もう引退したい」「夢を諦めようと思う」「自分には才能がない」などと相談してきたとき、的確なアドバイスやエールを送り続けなければいけないので、器の大きい人でなければ務まらない大変さがあります。

不規則な生活リズム

芸能マネージャーの仕事はとても忙しく、急な仕事が入って早朝出勤や深夜残業になることや、休日返上で働かなければならないことも多々あります。

地方でロケをする際には自分で車を長距離運転していくこともありますし、海外での仕事の際はロングフライトにも耐えなければいけません。

刺激的な毎日を送れる一方で不規則な生活リズムになりがちなので、自分の予定が立てづらくなったり、体調を崩しやすくなったりするというつらさがあります。

仕事に追われがちな芸能マネージャーたちは、ちょっとした合間の時間でリフレッシュするコツや、ストレスが解消できる趣味などを持っている人も多いようです。

芸能マネージャーの悩み

マネージャーは自分が担当している芸能人の気持ちに寄り添うことも大切ですが、仕事である以上は仕事をくれるクライアントの要望を聞き出し、芸能人がそれに沿うようなパフォーマンスをしてくれるよう、きちんと伝えていかなければなりません。

芸能人はそれぞれ個性が違うため、緊張しやすい神経質な人もいれば、なかなか言うことを聞いてくれない人もいますが、一人ひとりに適したやり方で、上手にコミュニケーションをとらなければなりません。

もしも芸能人が仕事で失敗をすれば、マネージャーが怒られることになります。

とにかく周りに気を遣うことばかりなので、胃が痛くなる日もあるでしょう。

我慢強さや忍耐力がある人でなければ、なかなか続けられない仕事です。

芸能マネージャーを辞める理由で多いものは?

芸能マネージャーを辞める理由として多いのは、「激務に身体がついていかなくなった」とか「残業や休日出勤が多い不規則な生活が続けられなくなった」というものでしょう。

独身のうちは朝から晩までハードな仕事をこなすことができても、結婚したり子どもが生まれたり親の介護を始めたりするうちに、もっと規則的で安定した生活を送りたいと思うようになる人も少なくはないようです。

また、「精神的なストレスに耐えられなくなった」とか「人間関係に疲れた」というケースもあるようです。

芸能マネージャーは自分が担当している芸能人とクライアント、マスコミなどの間で板挟みになることが多い職業なので、人とコミュニケーションを取るのが得意でトラブルも上手く対処することができる人でなければ難しいのでしょう。