声優マネージャーの仕事内容、なるには、資格、給料、求人

声優マネージャーの仕事内容

声優の仕事を徹底的にサポート 

アニメや映画、イベントなどに出演する声優の仕事をサポートするのが声優マネージャーです。

担当している声優に仕事の依頼が来た際には、収録の日程を調整したり報酬の金額を確認したりしながら業務の内容を固めます。

また、スケジュールの管理や現場までの送迎はもちろんのこと、オーディションの情報収集やメディアの出版物の内容チェック、飲食物や差し入れの買い出しまで、さまざまな業務を行います。

ときには声優自身の悩みや愚痴を聞いたり食事に付き合ったりすることもあり、心身ともに声優を支える重要な役割を果たしています。

コミュニケーション能力が高く、よく気が利いて献身的な人ほど活躍ができる職業といわれています。

声優マネージャーの就職先、活躍の場

芸能事務所やプロダクションで活躍 

声優マネージャーとして働きたいのであれば、俳優や女優、声優が所属している芸能事務所や制作プロダクションに就職するとよいでしょう。

マネージャーや付き人、事務職や総合職としての求人を行っていることが多く、学歴や職歴よりも人間性を重視して採用するケースが多いようです。

また、男女や年齢を問わず募集していることが多いので、他の業界からの転職を目指す人にとっても挑戦しやすい環境といえるのではないでしょうか。

声優マネージャーの1日

担当している声優のスケジュールが最優先 

声優マネージャーの1日のスケジュールは担当している声優の仕事の内容によって決まります。

収録やオーディションに同行する日は、朝から車で迎えに行って現場に送り届け本番に立ち会い、終わり次第また事務所や自宅に送り届けます。

事務所で作業をする日もあれば放送局やプロダクションなどの取引先に営業に出向く日もあります。

売れっ子の声優を抱えている事務所やプロダクションほど忙しく残業が増える傾向があるようです。

声優マネージャーになるには

資格や免許、学歴は必要なし 

声優マネージャーとして働くために必要となる資格や免許は特にありません。

特定の分野のスキルや専門性というよりもコミュニケーション能力や事務処理能力がものをいう仕事なので、本人のやる気と適性さえあれば採用されることが多いようです。

学歴に関しても高卒でもOKというケースが多いようですが、大手の芸能事務所やプロダクションの場合は社員の採用の際に大卒の学歴を条件としているところもあるので注意が必要です。

声優マネージャーの学校・学歴・学費

芸能関係の専門学校で勉強を 

声優マネージャーになるために必要な資格や学歴はありませんが、就職前にこの分野について勉強しておきたいのであれば私立の専門学校に通うとよいでしょう。

音楽やアニメーションの専門学校にスタッフコースやマネージメントコースを設けているところもあります。

カリキュラムは2年制で200万前後の学費がかかりますが、即戦力として働きたい人にとっては現場で生かせる技術や知識を学べる貴重な場となるのではないでしょうか。

声優マネージャーの資格・試験の難易度

自動車免許が必須なことも

声優マネージャーとして働くうえで特に必要な資格はありませんが、一般的な会社員と同じように事務作業をすることが多いので最低限のパソコンスキルは必須です。

ExcelやWord、PowerPointなど基本的なソフトは学生のうちから扱えるようにしておくと役に立ちます。

また、担当する声優を職場まで送迎する際にマネージャーが車を運転しなければいけないことがあります。

入社前に普通自動車の運転免許を取得しておくとよいでしょう。

声優マネージャーの給料・年収

年収は高くない傾向に 

声優マネージャーの年収に関する統計は公開されていませんが、求人票を見ると年収200~300万ほどになることが多いようです。

国家資格や免許を必要とする専門職ではないことや、芸能関係の仕事は景気や流行に左右されやすいことから、声優マネージャーの収入もそれほど高くはない傾向にあるようです。

ただし、マネージャー自身のキャリアや担当する声優の人気によって給料の金額は変わるので参考程度に考えておくのがベターです。

声優マネージャーのやりがい、楽しさ、魅力

ものづくりの裏側を支える喜び

声優マネージャーになりたいという人は、もともとアニメや映画、ゲームなどが大好きという人が多いようです。

声優マネージャーになることでキャスティングやオーディションの段階から制作現場に携わることができますし、アフレコや収録現場に立ち会ったり制作スタッフ向けの完成試写に参加したりと貴重な経験をすることができます。

ものづくりの裏側を支える喜びを感じたい人にとっては最高の経験ができる職場となるでしょう。

声優マネージャーのつらいこと、大変なこと

ハードなスケジュールをこなすために

声優マネージャーはハードな仕事をこなすこともあります。

事務所の方針によっては複数の声優をかけもちで担当することも多く、営業活動や事務仕事、送迎などをこなすだけで朝から晩までスケジュールが埋まってしまうということも珍しくありません。

また、声優の体調やメンタルを常に気にかけなければいかないので、自分自身が強いストレスを感じてしまうこともあります。

体力はもちろんのこと気力も必要とされる仕事なのです。

声優マネージャーに向いている人、適性

コミュニケーション能力が重要

声優マネージャーの仕事を楽しむためにはアニメや映画、ゲームなどの制作現場に興味を持っていることがとても大切です。

また、仕事を通して、担当する声優はもちろんのこと社内のスタッフや取引先などたくさんの人と関わるため、高いコミュニケーション能力が求められます。

社交的な性格で初対面の人と話をするのが苦にならない人、交渉や営業活動が楽しめるタイプの人にとっては得意なことを発揮できる職場となるでしょう。

声優マネージャーの志望動機、目指すきっかけ

好きなアニメやゲームがきっかけに

声優マネージャーを目指すきっかけとしては、やはり趣味を通してこの業界に興味を持ったという人が多いようです。

子どもの頃からアニメが好きな人やゲームが得意な人の場合、「気が付けば声優事情に詳しくなっていた」とか「制作現場に憧れを抱いていた」というケースは珍しくないでしょう。

声優マネジャーは裏方の仕事を通してこのようなクリエイティブな現場に携わることができるので、若い人から人気の高い職業なのです。

声優マネージャーの雇用形態、働き方

非正規雇用も多い業界

声優マネジャーとして働いている人の中には、正社員だけではなくて契約社員も多くいます。

芸能業界の大きな特徴として景気や世間の流行に左右されやすく経営が安定しづらい傾向があるので、スタッフの雇用に関しても正規雇用ではなくて非正規雇用で採用することが少なくはないのです。

また、新入社員の場合、見習い期間のうちは非正規雇用で、仕事をある程度できるようになってから正規雇用にキャリアアップできることもあります。

声優マネージャーの勤務時間・休日・生活

スケジュールは臨機応変に

声優マネージャーは、担当している声優の仕事によって臨機応変に勤務スケジュールを組んでいます。

遠方での営業活動があるときには早朝から出勤して出張に出向くこともありますし、収録が夜遅くまで長引いたときには深夜の帰宅になることもあります。

また、舞台やアニメのキャンペーンイベントは土日や祝日に行われることが多いので休日出勤も珍しくありません。

一般的な会社員よりも生活が不規則になりがちな職業です。

声優マネージャーの求人・就職状況・需要

正規雇用は少ない傾向に

声優マネージャーの求人を探す際には芸能事務所やプロダクションなどの採用情報をチェックするとよいでしょう。

どちらかという新卒採用よりも中途採用を重視していて、社会人経験があり即戦力となる人材を募集していることが多いようです。

大手企業の場合は正社員で募集していることもありますが、中小企業の場合は未経験者は契約社員からスタートということもあるので給料やキャリアアップの道筋をよく確認することが大切です。

声優マネージャーの転職状況・未経験採用

転職者も広く活躍できる業界

声優マネージャーは転職を目指す人にとって挑戦しやすい職業です。

特別な資格や免許、学歴を必要とせず、パソコンや電話対応などの一般的な事務処理能力とコミュニケーション能力さえあればマネージャーとして働くことができるので、他の業界で社会人経験がある人がスキルを生かしやすいのです。

中途採用も活発に行われていて未経験者を歓迎している企業も多いので、積極的に飛び込んでみるとよいのではないでしょうか。

声優マネージャーの現状と将来性・今後の見通し

雇用条件の改善に期待

声優マネージャーの仕事はハードスケジュールな激務になることが多く、年収に関してもそれほど高くはないのが現状です。

しかし、近年ではマスコミ業界や広告業界で働き方改革が進んでおり、クリエイティブな職業でも残業を減らして待遇を改善しようという流れが生まれています。

今後このような動きに関連して芸能事務所やプロダクションでもよりよい働き方に変えていくという方向性が生まれることが大いに期待されています。