【2021年版】芸能マネージャーの仕事内容・なり方・年収・資格などを解説

「芸能マネージャー」とは

俳優・女優、タレントなどに付き、スケジュール管理や出演交渉など活動のサポートをする。

芸能マネージャーは、芸能プロダクションやタレント事務所に所属する俳優・女優やタレント、歌手などに付き、芸能人の芸能活動がスムーズに行えるようサポートする仕事です。

おもな仕事内容としては、担当芸能人のスケジュール管理、マスコミ各社への出演交渉、宣伝活動などが挙げられます。

また、ときには芸能人に対して仕事のアドバイスをしたり、悩みを聞いたりして、彼らの精神的な支えとなることも大事な役割です。

マネージャーは、一人で複数の芸能人を担当することも多く、また現場に合わせて行動しなくてはならないため、どうしても不規則な生活になりがちです。

心身ともにハードワークですが、担当した芸能人の人気が出たり、その活躍が世の中で認められたときには、大きな達成感とやりがいを味わえます。

「芸能マネージャー」の仕事紹介

芸能マネージャーの仕事内容

芸能活動の多面的なサポートをおこなう

芸能マネージャーの仕事は、俳優やタレント、歌手やモデルなどの芸能人に付き、芸能活動がスムーズにできるようサポートをすることです。

具体的には、担当芸能人のスケジュール管理やマスコミ各社への出演交渉、宣伝活動、オーディションの参加準備などをおこない、ときには車での送迎や買い物などの身の回りの世話をすることもあります。

芸能人の個性や性格をよく理解し、最適な仕事がとれるように売り込んだり、プロデュース方法を戦略的に考えたりもします。

芸能プロダクションのなかには少数精鋭で運営している会社も多く、一人のマネージャーが複数のタレントを担当するなど個々のスタッフの能力が重要視されます。

担当芸能人の精神的な支えにもなる

多忙なスケジュールをこなし、常に不特定多数の人に見られている芸能人は、日々さまざまなストレスにさらされています。

マネージャーは、ときに悩める芸能人の相談にのったり、芸能活動のアドバイスをしたりして、精神的な支えになります。

担当芸能人がイキイキと活動できるように、常に芸能人に寄り添ってサポートしていくのがマネージャーの役割です。

関連記事芸能マネージャーの仕事内容

芸能マネージャーになるには

芸能プロダクションへ入社する

芸能マネージャーのほとんどは、芸能プロダクションやタレント事務所の社員として勤務しています。

大手企業を中心に、新卒採用をおこなう企業は多いです。

一方、比較的規模の小さめのプロダクションや事務所では、中途採用の募集を不定期でかけているところが少なくありません。

あるいは芸能マネージャー養成コースのある専門学校などから、紹介を受けて入社するケースもあります。

まずはアルバイトとして入社し、経験を積んでいくなかで正社員へとキャリアアップする例も見られます。

アシスタントからのスタートになる

芸能プロダクションやタレント事務所への入社後は、まず「アシスタント」として先輩の補佐役を務めるのが一般的です。

アシスタント時代は、雑務や身の回りの世話などで現場を駆け回る日々を送ることになるでしょう。

芸能マネージャーは学力や学歴よりも、体力や根性が求められることが多いです。

元気で明るく、フットワークの軽い体育会系タイプであれば、あまり高い学歴がなくても採用される可能性は十分にあります。

ただし、大手プロダクションは人気も高く、すぐれた人間性やコミュニケーション能力が求められる傾向です。

関連記事芸能マネージャーになるには? 【資格・学歴不要!誰にでもチャンスあり】

芸能マネージャーの学校・学費

学歴よりも熱意や人柄が重視される

芸能マネージャーは、そこまで学歴が重視されない場合もありますが、一部の大手プロダクションでは「大卒以上」の学歴が応募条件となっていることも多いです。

とはいえ、業界全体でみると中小規模の芸能プロダクションや事務所の数が圧倒的に多く、そのほとんどがマネージャー職の採用条件を「学歴不問」としています。

芸能マネージャーは、複数の芸能人をサポートしたり業界内のさまざまな立場の人と接したりと、学力よりも人柄が重視される職業です。

マネージャーとしての熱意や資質があれば、誰でも採用されるチャンスはあるでしょう。

芸能マネージャー養成コースがある専門学校に通う場合の学費は、年間で100万円〜150万円程度が相場です。

関連記事芸能マネージャーになるためにはどんな学校にいけばいい?(大学・専門学校)

芸能マネージャーの資格・試験の難易度

「自動車免許」以外の特別な資格は不要

芸能マネージャーに求められる資格としては「普通自動車免許」が挙げられます。

マネージャーは担当芸能人を車で送迎する機会が多いため、自動車免許は必ず持っておく必要があります。

その他の資格を求められることはまずありませんが、事務作業があるため、ワードやエクセルなどの基礎知識を身につけておくと役に立つでしょう。

芸能マネージャーは、学歴と同様、資格の取得もあまり重視されません。

しかし、そのぶん体力や精神力、対人スキルといった人柄や意欲が求められるのが芸能マネージャーという職種の特徴です。

芸能マネージャーの給料・年収

新人時代は厳しいが実力次第でアップする

芸能マネージャーは、年齢や勤務年数よりも、実力や実績に応じて評価される傾向が強い仕事です。

また、勤務する芸能プロダクションやタレント事務所の規模や経営状況によっても、給料には差が出やすいです。

入社1年目には毎月の手取りが10万円〜15万円程度となる場合もありますが、経験を積んで売れっ子芸能人を担当するようになると、給料も徐々にアップします。

芸能マネージャー全体で見ると、平均年収は300万円~400万円ほどと考えられます。

また勤務先によっては、成果に応じて給料がアップする仕組みを用意しています。

勤務先によって待遇に大きな差がある

芸能プロダクションや事務所の規模は、大手企業から個人経営の事務所までまちまちです。

大手プロダクションに大卒で入社する場合の平均年収は、一般的な会社員と同程度が見込めますし、社会保険制度などの待遇面も恵まれているケースが多いです。

しかし、一部の個人事務所では労働環境や待遇面などが非常に過酷であるため、応募の際には注意しましょう。

関連記事芸能マネージャーの給料・年収

芸能マネージャーの現状と将来性・今後の見通し

強い熱意を持ち続けられれば活躍できる

芸能界は華やかな印象をもたれがちですが、その裏側には上下関係の厳しさや、生き残りをかけた競争があります。

芸能マネージャーも、そうした芸能界特有の雰囲気や、下働きの過酷さに耐えきれず、すぐに仕事を辞めてしまうケースも少なくありません。

しかし、芸能人にとってマネージャーは自身の活動を二人三脚で支えてくれる重要なパートナーで、不可欠な存在です。

人手不足に悩むプロダクションは多数あるため、未経験者でも熱意さえあればマネージャーとして採用される可能性は高いですし、安定した需要があります。

担当芸能人を売り込むための企画力や発想力、また、近年とくに求められることが多いWeb関連の知識や語学力などを身につけているマネージャーは、さまざまな現場で重宝されるでしょう。

関連記事芸能マネージャーの需要・現状と将来性

芸能マネージャーの就職先・活躍の場

芸能プロダクションやタレント事務所が中心

芸能マネージャーのおもな就職先は、芸能人が所属する芸能プロダクションやタレント事務所です。

こうしたプロダクションや事務所で働くには、新卒採用もしくは中途採用の募集に応募をする必要があります。

芸能マネージャーはスケジュール管理や営業活動だけでなく、送り迎えや身の回りの世話をすることもあるため、複数の芸能人を担当する場合は非常に忙しい日々を送ります。

マネージャーとしてのキャリアを積み、業界内での人脈が広がれば、現場マネージャーからチーフマネージャーへ昇格して複数のマネージャーを統括する立場で活躍することも可能です。

芸能マネージャーの1日

担当芸能人の仕事内容に合わせた毎日に

芸能マネージャーは、自分が担当している芸能人のスケジュールに合わせて予定を組み立てます。

車での送迎から取材対応のサポート、社内の打ち合わせなど慌ただしい毎日を過ごしています。

ここでは、新人アイドルを担当する芸能マネージャーの1日の例を紹介します。

10:00 事務所に出勤し、メールチェック
11:00 マスコミの取材依頼をスケジュール調整
12:00 手早く昼食休憩を取る
13:00 テレビ番組の収録に同行
19:00 社内に戻り打ち合わせ
20:00 業界関係者への挨拶回り
21:00 広告代理店の知人を接待
23:00 自宅に戻る
24:00 録画したテレビ番組をチェック
25:00 明日の予定を確認して就寝

関連記事芸能マネージャーの一日・生活スタイル

芸能マネージャーのやりがい、楽しさ

芸能人の活躍を最も身近で支えられる

芸能マネージャーは、華やかな世界で活躍する芸能人を最も身近なところで支える仕事です。

担当芸能人と一緒に困難や苦労を乗り越え、芸能人が有名になっていく様子をそばで見守り続けることができるのは、マネージャーならではの喜びです。

また、新人タレントを自身のプロモーションと営業力で一人前に育て上げるのも、芸能マネージャーのやりがいにつながります。

まだあまり売れていない頃から苦楽をともにした担当芸能人が世に認められる瞬間は、マネージャーにとって大きな喜びとなるでしょう。

また、毎日変化がある仕事で、さまざまな人との出会いに恵まれることも、マネージャーの仕事の楽しい一面です。

関連記事芸能マネージャーのやりがい・楽しさ・魅力

芸能マネージャーのつらいこと、大変なこと

多忙で不規則な生活リズムになること

芸能マネージャーは、担当芸能人の人気や知名度、好感度をどのように上げるかを常に考える必要があります。

しかし、生き残り競争が激しい芸能界で活躍し続けるのは簡単ではありません。

なかなか芸能人の芽が出ないと、マネージャーの力不足だと責任を感じて落ち込むこともあります。

また、芸能マネージャーの仕事はかなり多忙です。

担当する複数の芸能人の仕事内容に合わせて働くため、勤務時間も日によって変わりやすいです。

事前に予定が決まっていたとしても、打ち合わせや収録が長引いて残業が発生する、休日がロケ当日の天候によって急に変わるといったことは日常茶飯事です。

不規則な生活リズムに慣れないと、仕事がつらくなってしまう人もいます。

関連記事芸能マネージャーのつらいこと・大変なこと・苦労

芸能マネージャーに向いている人・適性

人を楽しませることに喜びを感じる人

芸能マネージャーは表舞台に出ることはないものの、人々を楽しませ、夢を与える仕事をする芸能人の世界に深く関わっていきます。

ですから、テレビや映画、舞台、音楽などのエンターテインメントに関心があることはもちろん、自分も人々に夢と感動を与えたいという思いをもてる人に向いている仕事です。

また、他分野の人ともうまくコミュニケーションを取る能力や、どのような人にも親しまれやすい、陽気で前向きな性格のタイプの人に向いている仕事といえるでしょう。

芸能界は特殊で、華やかな舞台の裏では、生き残りをかけた厳しい戦いもあります。

ストレスを溜めすぎないためにも、いろいろな物事を真面目に考えすぎて落ち込みやすいタイプの人よりも、気分転換が上手にできる人のほうが適しているといえるでしょう。

関連記事芸能マネージャーに向いている人・適性・必要なスキル

芸能マネージャー志望動機・目指すきっかけ

エンターテインメントに深い関心がある

芸能マネージャーを目指す人の多くは、テレビや映画、舞台などに関心があり、自身もエンターテインメントを創る担い手になりたいと考えています。

また、誰かのサポート役になることが好きで、自分の手で芸能人を売り込みたい、世の中に大きな影響を与える芸能人をそばで見守りたいという理由から、マネージャーを志す人も多いです。

なかには芸能界への憧れや、芸能人に会いたいという気持ちでマネージャーを志望する人もいます。

そういった動機が悪いわけではありません。

しかし、体力的にも精神的にもハードなマネージャーの仕事は、ただ「楽しそう」といった気持ちだけでは務まらないことは知っておくべきです。

関連記事芸能マネージャーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

芸能マネージャーの雇用形態・働き方

アルバイトからのスタートになることも

芸能プロダクションやタレント事務所で働く芸能マネージャーの雇用形態は、勤務先の企業によってさまざまです。

大手プロダクションの場合は、新卒から正社員として働く人材を募集しているところが多く見られます。

一方、中小規模の事務所では契約社員やアルバイトからスタートし、試用期間を経てようやく正社員になれるというケースも珍しくありません。

雇用形態によって、待遇面でも大きな差が出ることもあるため、事前によく確認しておくことをおすすめします。

なお、芸能マネージャーは多忙で不規則な生活になりがちなため、雇用形態にかかわらず、プライベートを優先させるような働き方は難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

関連記事芸能マネージャーの働き方・勤務形態

芸能マネージャーの勤務時間・休日・生活

早朝や深夜、休日に突発的な仕事が入ることも多い

芸能マネージャーの基本的な勤務時間は、一般的な日勤の会社員とあまり変わらず、10時~19時くらいで設定されることが多いです。

とはいえ、実際には担当芸能人が出演する番組収録やイベントなど、日ごとのスケジュールに応じて動かなくてはなりません。

そのため、裁量労働制を採用し、早朝や深夜にも仕事ができるようにしている会社も多く見られます。

休日は週休2日制が基本ですが、休みの日に担当芸能人の仕事が入れば、もちろんマネージャーも働くことになります。

芸能人の送迎をする「付き人」の仕事をこなすマネージャーであれば、休みはさらに少なくなるでしょう。

芸能人の付き添い以外の時間で、さまざまな雑務も発生するため、マネージャーは激務になりがちです。

関連記事芸能マネージャーの勤務時間・休日・仕事は激務?

芸能マネージャーの求人・就職状況・需要

大手は高倍率だが中途採用の求人は多い

芸能マネージャーになるのは狭き門といえます。

一部の大手プロダクションでは新卒採用をほぼ毎年おこなっていますが、募集人数は多くても10名程度で、志願者の数が大きく上回る場合がほとんどです。

ただし、中小規模の事務所では、やや離職率が高く、人材不足に悩んでいる企業も多いため、受け入れ先は広がるでしょう。

なお、芸能プロダクションのなかには個人事務所など小規模の会社も多いです。

表立って求人を出していなくても、電話などで問い合わせれば面接をしてくれるケースもあるようです。

十分な熱意を見せ、アルバイトからのスタートであれば、採用される可能性は高まります。

関連記事芸能マネージャーの求人状況・就職先選びのポイント

芸能マネージャーの転職状況・未経験採用

人の入れ替わりが激しく未経験者も採用されている

芸能マネージャーは、人の入れ替わりが非常に激しい職業だといわれています。

その背景には、あまりに多忙で不規則な生活に耐えられず、すぐに辞めてしまう人が多いことがあるようです。

そのため、芸能プロダクションやタレント事務所はマネージャー職の求人を頻繁に出しており、異業種からでも芸能マネージャーに転職できるチャンスは十分にあります。

ただし、芸能マネージャーは体力と精神力に加えて人柄が求められる仕事です。

激務で多様なスキルが求められる割に、それに見合う待遇が得られるとも限らないため、よほどマネージャーの仕事に情熱を注げないとなかなか長く続けるのは難しいでしょう。

関連記事芸能マネージャーへ転職するには? 未経験採用はある?

声優のマネージャーになるには

声優が多く所属するプロダクションへ就職

芸能マネージャーのなかでも、とくに声優のマネージャーになりたいと考える人は増えているようです。

声優のマネージャーは、アニメや映画、イベントなどに出演する声優の活動を全面的にサポートします。

声優マネージャーとして働きたいのであれば、俳優や女優、声優が多く所属する芸能事務所や制作プロダクションへの就職を目指すのが近道です。

ほかの芸能マネージャーと同様に、声優のマネージャーも自動車運転免許以外の特別な資格は必要なく、学歴以上にコミュニケーション能力や熱意、人柄などが重視されます。

なお、学生時代に少しでもこの分野についての学びを深めようとするのなら、音楽やアニメ系専門学校のスタッフコースやマネジメントコースなどに進学する道が考えられます。

芸能事務所で働くには

アルバイトとして現場に入る方法もある

芸能事務所で働く代表的な方法は、学校卒業後に、正社員としての採用試験を受けて就職することです。

大手芸能事務所は大卒の学歴を応募資格として掲げることが多く、志望者も多いために、やや難関です。

しかし、会社の規模や雇用形態にこだわらなければ、芸能事務所で働けるチャンスは意外と多くあります。

中小規模の芸能事務所は多数ありますし、離職率も決して低くないため、中途採用や未経験者の求人を出している企業が多いからです。

また、アルバイトとしての採用は比較的多く見られるため、まずはアルバイトとして芸能事務所の仕事を経験してみて、本当に長く続けられそうか確かめるのもおすすめです。

芸能マネージャーへの転職を考えている方へ

芸能マネージャーに転職を考えているなら、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

業界大手のリクルートエージェントは求人数No.1を謳っているだけあって、芸能マネージャーの求人も見つかるはずです。

まだ転職するかどうか決めてない方でも、登録は無料なので一度話を聞いてみると良いですよ。

また、第二新卒や20代の方は、マイナビグループが運営するマイナビジョブ20'sもおすすめです。

20代に特化している転職エージェントなので、20代や第二新卒で芸能マネージャーに転職を考えている方におすすめです。

なお、サポート拠点は一都三県、中部、関西となっており、20代の方が対象になっています。

こちらに該当しない方は、リクルートエージェント等を利用しましょう。