「芸能マネージャー」とは

芸能マネージャー_画像

俳優・女優、タレントなどに付き、スケジュール管理や出演交渉など活動のサポートをする。

芸能マネージャーは、芸能プロダクションやタレント事務所に所属する俳優・女優やタレント、歌手などに付き、芸能活動がスムーズに行えるようサポートする仕事です。

担当芸能人のスケジュール管理、マスコミ各社への出演交渉、宣伝活動が主な仕事内容ですが、時には芸能人に対して芸のアドバイスをしたり悩みを聞いたりして、彼らの精神的な支えとなることも大事な役割です。

一人のマネージャーが複数の芸能人を担当することも多く、朝から夜遅くまで働いたり不規則な生活になりがちなため、体力は必須です。

周囲の人に気を遣う毎日で大変な仕事ですが、担当した芸能人の人気が出たり、その活躍が世の中で認められた時は、大きな達成感とやりがいを味わえるでしょう。

「芸能マネージャー」の仕事紹介

芸能マネージャーの仕事内容

芸能活動の多面的なサポートをおこなう

芸能マネージャーは、俳優やタレント、歌手やモデルなどの芸能人に付き、スムーズに芸能活動ができるようサポートをする仕事です。

担当芸能人のスケジュール管理やマスコミ各社への出演交渉をしたり、宣伝活動をしたりするほか、車での送迎や買い物などの身の回りの世話をすることもあります。

芸能プロダクションのなかには少数精鋭で運営している会社も多く、一人のマネージャーが複数のタレントを担当するなど個々のスタッフの能力が重要視されます。

多忙なスケジュールをこなし、常に不特定多数の人に見られている芸能人はストレスを抱えやすいため、時には相談に乗ったり芸能活動のアドバイスをしたりして、マネージャーが精神的な支えとなることも大切な役目です。

芸能マネージャーの就職先・活躍の場

芸能プロダクションやタレント事務所

芸能マネージャーの主な就職先は、芸能人が所属する芸能プロダクションやタレント事務所です。

プロダクションに所属するには新卒採用もしくは中途採用の募集に応募をする必要があります。

芸能マネージャーはスケジュール管理や営業活動だけでなく、送り迎えや身の回りの世話をすることもあるため、複数の芸能人を担当する場合は非常に忙しい日々を送ることになります。

マネージャーとしてのキャリアを積み、業界内での人脈が広がれば、現場マネージャーからチーフマネージャーへ昇格して複数のマネージャーを統括する立場で活躍することも可能です。

芸能マネージャーの1日

担当芸能人の仕事内容に合わせた1日に

芸能マネージャーは、自分が担当している芸能人のスケジュールに合わせて予定を組み立てます。

車での送迎から取材対応のサポート、社内の打ち合わせなど慌ただしい毎日を過ごしています。

<新人アイドルを担当する芸能マネージャーの1日>

10:00 事務所に出勤し、メールチェック
11:00 マスコミの取材依頼をスケジュール調整
12:00 手早く昼食休憩を取る
13:00 テレビ番組の収録に同行
19:00 社内に戻り打ち合わせ
20:00 業界関係者への挨拶回り
21:00 広告代理店の知人を接待
23:00 自宅に戻る
24:00 録画したテレビ番組をチェック
25:00 明日の予定を確認して就寝

芸能マネージャーになるには

芸能プロダクションへ入社する

芸能マネージャーのほとんどは、芸能プロダクションやタレント事務所のスタッフとして勤務しています。

新卒採用をおこなう企業も多くありますが、中途採用の募集を不定期でかけているところもあれば、芸能マネージャー養成コースのある専門学校などから紹介を受けて入社するケースもあります。

入社後はまずアシスタントとして先輩の補佐役となり、雑務や身の回りの世話などで現場を駆け回る日々を送ることになります。

採用の際に学歴が問われるかどうかは企業によってさまざまです。

芸能マネージャーは学力よりも体力や根性が求められることが多いため、元気で明るく、フットワークの軽い体育会系タイプであれば、高卒であっても採用される可能性は十分あるといえます。

芸能マネージャーの学校・学費

学歴よりも人柄が重視される

一部の大手プロダクションでは大卒以上の学歴が応募条件となっているのが一般的です。

しかし実際のところは中小規模の芸能プロダクションや事務所が圧倒的に多く、そのほとんどがマネージャー職の採用条件を「学歴不問」としています。

芸能マネージャーは、複数の芸能人をサポートしたり業界内のさまざまな立場の人と接したりと、学力よりも人柄が重視される職業です。

養成コースがある専門学校に通う場合、学費は年間で100〜150万円程度が相場となっています。

芸能マネージャーの資格・試験の難易度

「自動車免許」以外の特別な資格は不要

芸能マネージャーには「普通自動車免許」が必須となるでしょう。

担当芸能人を車で送迎することはマネージャーの一般的な業務となることが多いため、自動車免許は持っておく必要があります。

その他の資格を求められることはまずありませんが、事務作業があるためワードやエクセルなどの基礎知識を身につけておくと役に立つでしょう。

学歴と同様、資格の取得もあまり重視されないものの、そのぶん体力や精神力、対人スキルといった人柄や意欲が求められるのが芸能マネージャーという職種です。

芸能マネージャーの給料・年収

1年目は厳しいが実力次第でアップする

芸能マネージャーは、年齢や勤務年数よりも実力や実績に応じて評価される傾向が強い仕事です。

入社1年目には毎月の手取りが10〜15万円程度となる場合もありますが、実力をつけて売れっ子芸能人を担当するようになると給料も徐々にアップするのが一般的です。

大手プロダクションに大卒で入社する場合、初任給は20万円弱と平均的な額となり、社会保険制度などの待遇面も恵まれているケースが多いです。

ただし、芸能プロダクションや事務所の規模は大手から個人事務所までさまざまです。

なかには労働環境や待遇面などが非常に過酷な現場もあるため、応募の際には注意しましょう。

芸能マネージャーのやりがい、楽しさ

芸能人の活躍を最も身近で支えられる

芸能マネージャーは華やかな世界で活躍する芸能人を最も身近なところで支える仕事です。

担当芸能人と一緒に困難や苦労を乗り越えながら有名になっていく様子をそばで見守り続けることができるのは、マネージャーという仕事ならではのやりがいです。

また、新人タレントを自身のプロモーションと営業力で一人前に育て上げるのも芸能マネージャーの重要な役割の一つです。

まだあまり売れていない頃から苦楽をともにした担当芸能人が世に認められる瞬間というのは、マネージャーにとって大きな喜びとなるでしょう。

芸能マネージャーのつらいこと、大変なこと

かなり多忙で不規則、責任が大きい仕事

芸能マネージャーは、担当芸能人の人気や知名度、好感度をどのように上げるかを常に考えている必要があります。

生き残り競争が激しい芸能界で活躍するのは簡単ではなく、なかなか芽が出ないとマネージャーの力不足だと責任を感じて落ち込むこともあります。

また、芸能マネージャーの仕事はかなり多忙です。

担当する複数の芸能人の仕事内容に合わせて働くため勤務時間もばらばらで、打ち合わせや収録が長引いて残業が発生する、休日がロケの天候によって左右するといったことは日常茶飯事です。

芸能マネージャーに向いている人・適性

人を楽しませることに喜びを感じる人

芸能マネージャーが表舞台に出ることはないものの、人々を楽しませ、夢を与える仕事をする芸能人のサポートをしているという意識は常に忘れてはいけません。

テレビや映画、舞台、音楽などのエンターテインメントに関心があることはもちろん、自分も人々に夢と感動を与えたいという思いを持っていることが大切です。

また、芸能人が世に出ていくにはマネージャーによる営業とプロモーションが必須です。

他分野の人とコミュニケーションを取る能力や、相手に気に入られる人柄を持ち合わせている人材が求められるといえます。

芸能マネージャー志望動機・目指すきっかけ

エンターテインメントに深い関心がある

芸能マネージャーを目指す人の多くはテレビや映画、舞台などに関心があり、自身もエンターテインメントを創る担い手になりたいと考えています。

また、誰かのサポート役になることが好きで、自分の手で芸能人を売り込みたい、世の中に大きな影響を与える芸能人をそばで見守りたいという理由から、マネージャーを志す人も多いです。

なかには芸能界への単なる憧れや芸能人に会いたいという気持ちだけでマネージャーを志望する人もいます。

そういった動機が悪いわけではありませんが、体力的にも精神的にも過酷なマネージャーの仕事は、ただ「楽しそう」といった軽い気持ちだけでは務まらないことを知っておく必要があります。

芸能マネージャーの雇用形態・働き方

アルバイトからのスタートになることも

芸能プロダクションやタレント事務所で働く芸能マネージャーの雇用形態は企業によってさまざまです。

大手プロダクションの場合は新卒から正社員として働く人材を募集しているところがほとんどですが、中小規模の事務所では契約社員やアルバイトからスタートし、試用期間を経てようやく正社員になれるというケースも珍しくありません。

多忙で不規則な仕事のため、雇用形態にかかわらずプライベートを優先させるような働き方は難しいといえるでしょう。

芸能マネージャーの勤務時間・休日・生活

休日に突発的な仕事が入ることも多い

芸能マネージャーの基本的な勤務時間は一般企業と同じく実働8時間程度に設定されていることが多いです。

とはいえ担当芸能人が出演する番組収録やイベントなど、日ごとのスケジュールに応じて勤務するため、裁量労働制を採用して早朝や深夜にも仕事ができるようにしている会社もあります。

休日も週休2日制が基本ですが、休みの日に担当芸能人の仕事が入ればもちろんマネージャーも働くことになります。

芸能人の送迎をする「付き人」の仕事をこなすマネージャーであれば、休みはさらに少なくなるでしょう。

芸能マネージャーの求人・就職状況・需要

大手は高倍率だが中途採用の求人は多い

一部の大手プロダクションでは新卒採用をほぼ毎年おこなっていますが、募集人数は多くても10名程度と志願者の数が大きく上回る場合がほとんどです。

中小規模の事務所を含めた中途採用を目指すのであれば、人材不足に悩んでいる企業も多いため、受け入れ先は広がるでしょう。

芸能プロダクションのなかには個人事務所など小規模の会社もあり、表立って募集をかけていなくても、電話などで問い合わせれば面接をしてくれるケースもあるようです。

芸能マネージャーの転職状況・未経験採用

人の入れ替わりが激しく未経験者もOK

芸能マネージャーは人の入れ替わりが非常に激しい職業だといわれています。

忙しくて不規則な生活に耐えられず、すぐに辞めてしまう人が多からでしょう。

そのため、芸能プロダクションやタレント事務所はマネージャー職の求人を頻繁に出しており、異業種からでも芸能マネージャーに転職できるチャンスは大いにあります。

また、未経験者を積極的に採用する会社も少なくありません。

芸能マネージャーは体力と精神力に加えて人柄が求められる仕事です。

学歴や資格を持っていなくてもやる気があれば採用される可能性は高くなります。

芸能マネージャーの現状と将来性・今後の見通し

熱意とスキルがあれば活躍できる

求人情報サイトなどを見ていても、芸能マネージャーの求人は頻繁に出されていることが分かります。

華やかに見える芸能界の裏側には上下関係の厳しさがあり、芸能マネージャーも下働きの過酷さに耐えきれず、すぐに仕事を辞めてしまうケースも少なくありません。

そのため、未経験者でも熱意さえあればマネージャーとして採用される可能性は高いですが、人並み以上の体力と精神力、対人スキルやフットワークの軽さが必要です。

加えて、担当芸能人を売り込むための企画力や発想力、近年求められることが多い語学力など身につければ、どのような現場でも活躍できるでしょう。