芸能マネージャーへ転職するには? 未経験採用はある?

芸能マネージャーへの転職状況は?

芸能マネージャーは転職が盛んな業界です。

法律や医療に携わる職業のように国家資格が必要とされるわけではなく、学歴や年齢を不問としている企業も多いことから、新卒だけではなく中途採用でこの業界に飛び込む人も少なくないのです。

芸能プロダクションから別のプロダクションにうつる業界内での転職もありますが、芸能やマネージメントとは全く関係のない仕事をしていた人が転職でこの仕事を始めることもあります。

この業界はハードワークとなることで知られており、短期間で離職してしまう人がいることから、慢性的な人手不足に陥っている企業も少なくないのです。

このため、一年を通して中途採用を行っていることがあるので、転職希望者はホームページなどをチェックしてみるとよいでしょう。

芸能マネージャーへの転職の志望動機で多いものは?

芸能マネージャーへの転職の志望動機で多いのは「芸能界に携わりたい」とか「クリエイティブな世界で仕事をしたい」というものです。

マネージャーは自分自身が歌を歌ったりお芝居をしたりするわけではありませんが、担当している芸能人の付き添いでテレビの収録現場やコンサートなどのイベントに立ち会うことができるので、もともとテレビや音楽が好きな人にとっては非常に刺激的な職場となるでしょう。

また、自分自身がミュージシャン俳優を目指していた人の場合、「プレイヤーとしての自分の可能性の限界を感じたので、これからは裏方であるマネージャーとしてこの世界を支えていきたい」という思いからマネージャーへの転身を目指すこともあります。

芸能マネージャーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から芸能マネージャーになるには

未経験者が芸能マネージャーに転職する場合、まずは下積みからのスタートになるのが一般的です。

芸能プロダクション入社後、まずは先輩マネージャーのアシスタントに付いたり、新人の芸能人を担当したりしながら仕事を覚えていきます。

担当芸能人が新人のうちは仕事量もそれほどないですが、彼らが成功できるかどうかはマネージャーの手腕にかかっているともいえるため、必死で仕事をこなす毎日が続くでしょう。

なかには、買い出しなど雑用ばかりこなさなければならないような時期を経験している人もいます。

経験を積んでマネージャーとしての実力が評価され始めると、徐々に人気芸能人を担当したり、担当芸能人の数が増えていくというのが一般的な流れとなっています。

芸能マネージャーへの転職に必要な資格・有利な資格

芸能マネージャーに転職するうえで必要な資格とはなんでしょうか。

最も重要なのは、自動車の運転免許証だといわれています。

マネージャーは担当している芸能人の送迎をしたり機材や荷物を運搬したりする業務があるので、自分で車を運転できることは必須なのです。

運転免許をまだ取得していない人は、転職の準備期間中に教習所に通っておくとよいでしょう。

運転免許以外に転職で役に立つといわれている資格は、パソコンのスキル関連のものです。

WordやExcel、PowerPointなどは事務仕事をするうえで欠かせないものなので、ある程度使えるようにしておくとよいでしょう。

この他にも、英語や中国語などの語学の資格が役に立つことがあります。