芸能マネージャーの給料・年収

芸能マネージャーの平均年収・給料の統計データ

給料はあまり高くない

芸能マネージャーの給料は、勤務する芸能プロダクションやタレント事務所の規模や経営状況によって異なります。

毎月固定給が支払われる会社が多いですが、実績に応じて給料が変動するケースもあります。

基本的には、規模の大きな会社のほうが収入面や待遇は安定していると考えてよいでしょう。

大手プロダクションの場合、大卒の初任給は20万円弱となっていますが、多忙かつ人気のある職業でありながら新人時代の給料は総じて低めの傾向があります。

入社1年目は毎月の手取りが10〜15万円程度ということもあるようです。

芸能マネージャーの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
芸能マネージャー
(indeed)
- 月給:25.8万円
芸能マネージャー
(転職ステーション)
380万円 -
芸能マネージャー
(転職会議)
317万円 20代前半の年収: 287万円
20代後半の年収: 350万円
30代の年収 : 415万円
芸能マネージャー
(給料バンク)
334万円~437万円 20代の月給:23万円
30代の月給:28万円
40代の月給:30万円

芸能マネージャーの給料は、年収で300~400万円ほどになることが多いようです。

世間一般の会社員に比べると、とくに高い金額とはいえませんが、芸能界をサポートするという仕事の面白さを感じられる職業です。

企業によっては、成果に応じて給料をアップさせることがあります。

芸能マネージャーの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

芸能マネージャーの毎月の手取りは、だいたい20~30万円ほどになります。

正規雇用の場合は、この金額にボーナスが加わります。

自分が担当したタレントや俳優が売れると、その裏方としての功績を認められてマネージャーのボーナスに反映されることもあります。

芸能マネージャーの初任給はどれくらい?

芸能マネージャーは、入社後の初任給が低めの傾向があります。

初任給は月収にすると15~20万円というところも多いですが、地域や会社によっては10〜15万円程度ということもあるようです。

これは、入社後しばらくの間は契約社員として雇用することがあるからです。

見習い期間を終えて一人前になると、基本給もアップします。

芸能マネージャーの福利厚生の特徴は?

芸能マネージャーの待遇面は、給料以上に会社によって状況が異なるようです。

大手プロダクションの場合、社会保険制度や休暇制度、各種手当などきちんと用意されていることが多いです。

しかし、個人事務所などではまったく整っていないケースもあるため、就職活動の際には注意が必要です。

休日出勤に対して手当てがつかなかったり、休暇が取りにくかったりすると、長く続けていくことは難しいでしょう。

仕事にやりがいをもって充実した毎日を過ごすためには、よりよい環境の下で働けるようにしましょう。

芸能マネージャーの給料・年収の特徴

売れっ子を担当するために

芸能マネージャーは、マネージメント能力が認められると売れっ子芸能人を担当させてもらえるようになります。

売れっ子の芸能人は稼ぐ金額も大きいので、彼らのマネージャーを担当するようになることで、マネージャー自身も給料をアップしてもらえるようになります。

実力主義、成果主義の業界なので、長く在籍していても力のないマネージャーは、なかなか給料が上がらないということもあります。

売れっ子を担当したい、あるいは自分の手で売れっ子にしたい、と夢見ながら日々マネージメントのスキルを磨いているマネージャーが多いのです。

ストレスの大きい現場

芸能マネージャーは、さまざまな立場の人たちと一緒に働いています。

担当している芸能人のワガママに振り回されることもありますし、取引先から無茶な注文をつけられることもあります。

また、深夜残業や休日出勤も多いのが特徴です。

ストレスフルな職場なので、マネージャーとしての努力をきちんと給料に反映してもらえる優良企業を選ぶことが大切です。

芸能マネージャーの勤務先別の給料・年収

大手芸能事務所の芸能マネージャー

大手芸能事務所で働く芸能マネージャーは、雇用条件に恵まれていることが多いようです。

努力次第では年収400万以上を稼ぐことも可能です。

マネージャーとして担当している芸能人が仕事で大きな成果を残したときには、ボーナスに反映されて一時的に高収入になることもあります。

個人事務所の芸能マネージャー

個人事務所の芸能マネージャーは、不安定な経営のなかで働いていることが多いようです。

若手であれば、年収300万以下ということも珍しくありません。

芸能界というのは目まぐるしく流行が移り変わる業界なので、個人事務所が安定した経営を続けていくのは決して簡単なことではありません。

大御所の俳優や女優、事務所の看板となるアイドルやモデルなど、人気のある芸能人が所属しているかどうかを、就職前にしっかりチェックしましょう。

芸能マネージャーの正社員以外の給料・年収

アルバイト

芸能マネージャーのアルバイトは、主に芸能人の雑務のサポートを行います。

主な仕事は、事務所での電話対応、買い出しやケータリングの準備、荷物持ち、タクシーの手配や清算などです。

学生でもできるような簡単な業務が多いので、時給はそれほど高くはありません。

だいたい1000円前後と考えておくとよいでしょう。

契約社員

芸能マネージャーは正社員だけではなく契約社員として働いている人もたくさんいます。

芸能界自体が景気や世間の流行に左右されやすい不安定な業界なので、このような非正規雇用の求人が多いといわれています。

また、ハードワークから短期間で離職してしまう人もいるので、入社後しばらくの間は契約社員で、適性を見極めてから正規雇用されることもあります。

非正規雇用の場合、時給1000~2000円ほどの給料となり、扶養手当やボーナスなどがもらえないことがあります。

芸能マネージャーの働き方の種類・雇用形態

芸能マネージャーが収入を上げるためには?

芸能事務所の現場で働くマネージャーの場合、たとえ給料がアップしたとしても年収500〜600万円以上を望むのは難しいという現状があるようです。

しかし、だからといって悲観する必要はありません。

現場ではなく、事務所の管理職になれば、さらに大きな収入を得られる可能性があります。

芸能マネージャーとして収入を上げたいのであれば、現場である程度の経験を積んだあとに、思い切って管理職を目指すというのもひとつの道でしょう。