芸能マネージャーのやりがい・楽しさ・魅力

芸能マネージャーのやりがい・楽しさ

自分が担当した芸能人が成功したとき

まだあまり売れていない芸能人を一人前に育て上げるのも芸能マネージャーの大切な役割です。

社内でプロモーションの方法を考え、ときには悩みや愚痴を聞いては励まし、時間をかけて実績を積み上げ、芸能人が世の中から認められたり人気が上がったりすれば、とてもうれしい気持ちになります。

まさに「生みの親」「育ての親」としての誇りを感じることができるのです。

マネージャー自身は表舞台に立つことはありませんが、芸能人の活躍は、裏方であるマネージャーの努力があってこそのものです。

そこに喜びを感じられる人であれば、この仕事はまさに天職となるでしょう。

芸能人と苦楽を共にするとき

芸能マネージャーは、芸能人を最も近いところで支えることができます。

彼らと一緒に苦労や困難を乗り越えながら、成長する様子をずっとそばで見守り続けることができるのは、この仕事ならではのやりがいです。

また、芸能人から直接相談を受けたりアドバイスを求められたりするようになると、「信頼されている」という実感が湧き、大きなやりがいを感じられます。

多くの人に出会えたとき

芸能マネージャーは、毎日大勢の人と出会います。

憧れの芸能人と会える機会もあるかもしれませんし、ステージの裏側を覗き見ることもできます。

この世界では人脈も大切になるため、人付き合いはとても大事です。

テレビの向こう側にいた芸能人の姿を間近に見られるのはとても刺激的なことなので、芸能界に興味がある人にとってはワクワクする日々となるでしょう。

芸能マネージャーの仕事内容

芸能マネージャーの魅力

芸能マネージャーの主な仕事内容は、マスコミ各社に担当芸能人を売り込むことや、スケジュール管理、現場への付き添いといったマネジメント業務となりますが、一方では担当する芸能人の魅力を発見し、その生かし方を考えながら彼らの才能を伸ばしていくことも大事な役割です。

マネージャーはただ芸能人の世話をするだけでなく、ときには芸や演技、トークのアドバイスをすることもあります。

「あの番組ではこんなトークをしたら面白くなるんじゃない?」「今日の○○の演技はよかったよ」など、プロデューサー的な視点を持って芸能人と接することができるのも、マネージャーの仕事の大きな魅力といえるでしょう。

もちろん、そのためにはマネージャー自身が視野を広げ、勉強を続けていくことも欠かせません。