フードコーディネーターに向いている人・適性・必要なスキル

フードコーディネーターを目指すときに、どんな人が向いているのかを知るのは大切です。

足りている部分、足りていない部分を自分の中で見つめなおしていくことで、フードコーディネーターとしてよりよい活動ができるようになります。

また、いざ働いたときに理想とのギャップに悩まされることも少なくなるでしょう。

この記事では、フードコーディネーターに向いている人・適性・必要なスキルを解説します。

フードコーディネーターに向いている性格・適性

フードコーディネーターに向いている性格・適性
  • 食に関心がある
  • 受け手のことを考えた仕事ができる
  • 行動力がある

「食」に興味関心をもつ

フードコーディネーターになると、食に対するあらゆるニーズに自分なりのものさしを持って応えていかなければなりません。

自分のアイデアを提案していくためには、食の専門知識を深めるのはもちろん、日ごろから食に対して興味関心をもつことが大切です。

たとえば、すてきな料理を見たときに「なぜこれはおいしそうに見えるのだろう?」と考えたり、スーパーに並んだ食材を見て「自分ならこんな風に陳列してみたい」と考えたりするなど、さまざまなところで自分なりの考えを巡らせてみましょう。

食に対して興味関心を持ち続けることで、フードコーディネーターとしてのセンスが磨かれていくでしょう。

受け手のことを考えた仕事

レシピを紹介するにしても、ただ材料と分量を紹介するだけなら、誰でもできてしまいます。

フードコーディネーターは、より料理のおいしさが伝わるよう表現方法を考えたり、食器やテーブルコーディネートにこだわったり食材や調理法の裏話を交えてみたりと、さまざまな工夫を凝らさなくてはなりません。

このように「受け手」の心理を考えることがこの仕事をする上では重要です。

常に相手のことを考えて想像力を働かせ「食を通じて多くの人を喜ばせたい!」と思うような人こそ、フードコーディネーターにふさわしいといえるでしょう。

行動力のある人

フリーランスで働く人が多いフードコーディネーターは、仕事をもらうために積極的に人脈を築き、営業活動をする必要があります。

ブログを使ってオリジナルレシピを発表したり、企画を出版社に持ち込むなど、アクションを起こすことは、フードコーディネーターとしての幅を広げていくためには不可欠です。

積極的に動いてどんどん新しい仕事にチャレンジしたいという行動力のある人は、フードコーディネーターに向いているでしょう。

フードコーディネーターになるには

フードコーディネーターに必要なスキル・能力

食に関する幅広い知識

フードコーディネーターは、食に関する幅広い知識やスキルが求められる職業です。

もちろん調理のスキルも問われますが、仕事をする上では知識を重要視される場面が多いです。

フードコーディネーターは必ずしも資格が求められる職業ではないものの、専門性の高い仕事のため、一人前になってからも、日々食に関する知識を貪欲に吸収していく姿勢が求められます。

相手の要望を汲み取り、適切に表現する力

フードコーディネーターの役割は、食を通して世の中に感動や喜びを与えることです。

そのため、自分の持っている知識や考えをいかにわかりやすく伝えるかがポイントとなります。

そこで重要なのは相手のニーズをしっかりと汲み取って、理解する力です。

フードコーディネーターは、生産者と消費者、企業と消費者など人と人をつなぐ立場を担うことが多いため、常に周囲に気遣いができ、場面ごとに求められていることを瞬時に判断できるような人は周りからも信頼されやすいでしょう。

フードコーディネーターに向いていない人

フードコーディネーターは食を通した仕事のため、大前提として食に興味関心がなければこの仕事は務まらないでしょう。

また食の知識を持っていても、考えやアイデアを自分以外の人に対して上手に表現できなければ、フードコーディネーターとして活躍していくのは難しいでしょう。

フードコーディネーターは、食を通してさまざまな人とのつながりをもつ仕事のため、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力も求められます。

「フードコーディネーターに向いている人」のまとめ

フードコーディネーターは食の専門知識を深めるのはもちろん、日ごろから食に対して興味関心をもつことは、自分のアイデアを提案していくために大切です。

そのため、食に関心がある・受け手を考えた仕事ができる・行動力があるといった人が向いています。

また、専門性が高い仕事のため幅広い知識を持つことや、相手のニーズに合わせて自分の持っている知識や考えをわかりやすく伝えることも大切です。